廉価(読み)レンカ

デジタル大辞泉の解説

れん‐か【廉価】

[名・形動]値段が安いこと。安い値段。また、安いさま。安価。「廉価な商品」「廉価版」⇔高価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんか【廉価】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
安いねだん。また、品物の値段が安いさま。安価。 ⇔ 高価 「 -な品」 「 -販売」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れん‐か【廉価】

〘名〙 (形動)
① 値段のやすいこと。やすい値段。また、やすいさま。安
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)四「枡酒屋の内看板に 上酒、樽割と書たるあり 升売も准樽売て、廉価に粥鬲の意也」
② 価値が低いこと。ねうちがないこと。また、そのさま。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉二〇「生命の貴さを覚らない処から廉価(レンカ)な戦死をするのだと云ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廉価の関連情報