廉価(読み)れんか

精選版 日本国語大辞典「廉価」の解説

れん‐か【廉価】

〘名〙 (形動)
値段のやすいこと。やすい値段。また、やすいさま。安
随筆守貞漫稿(1837‐53)四「枡酒屋の内看板に 上酒、樽割と書たるあり 升売も准樽売て、廉価に粥鬲の意也」
② 価値が低いこと。ねうちがないこと。また、そのさま。
青年(1910‐11)〈森鴎外〉二〇「生命の貴さを覚らない処から廉価(レンカ)戦死をするのだと云ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「廉価」の解説

れん‐か【廉価】

[名・形動]値段が安いこと。安い値段。また、安いさま。安価。「廉価商品」「廉価版」⇔高価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android