文明一統記(読み)ぶんめいいっとうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文明一統記
ぶんめいいっとうき

教訓書。1巻。一条兼良著。成立年未詳。足利義尚の求めに応じて政治上の戒めを述べたもの。八幡大菩薩に祈念すべきこと,孝行,正直,慈悲,芸能をたしなむべきこと,政道を心にかけるべきことの6項目から成る。『群書類従』『史籍集覧所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんめいいっとうき【文明一統記】

室町中期,一条兼良が足利義尚に将軍の留意すべきことを説いた政道書。八幡大菩薩への祈念,孝行・正直・慈悲の励行,武芸をたしなむこと,政道に対する熱意など6ヵ条に及ぶ。1冊。文中に〈御判初有し上ハ〉とあるから1479年(文明11)11月の義尚の判始以降,兼良の没する81年4月以前の成立となる。同じく兼良の記した《樵談治要》と趣が異なり教訓的である。《群書類従》《改訂史籍集覧》所収。【鳥居 和之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんめいいっとうき【文明一統記】

政論書。一巻。成立年未詳。一条兼良著。将軍足利義尚の求めに応じて、治者の戒めとすべきことを六か条にわたって論じた書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文明一統記
ぶんめいいっとうき

一条兼良(かねら)が将軍足利義尚(あしかがよしひさ)の求めに応じ、為政者としてとくに心すべき六か条を説いた政道の書。一巻。孝行、正直、慈悲を強調するなど、その説くところやや観念的、抽象的なきらいもあるが、「一所懸命の地」を奪われて憂悲苦悩している公家(くげ)・社寺・農民のうえに思いをいたし、将軍としての権威を確立し、政治に励み、猛悪な大名らの所行を禁制せよ、というのが一貫する主張で、その限り、当時の現実を反映した政道論である。『群書類従』(雑部)所収。[芳賀幸四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android