文永の役(読み)ブンエイノエキ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんえい【文永】 の 役(えき)

鎌倉時代文永一一年(一二七四)、来攻した蒙古(元)との一度目の戦い。高麗を服属させた蒙古は文永三年以来六回にわたって日本の服属を求めたが、執権北条時宗を中心とする鎌倉幕府はこれを拒んだ。文永一一年一〇月、蒙古・高麗の連合軍(二万八千の軍兵と九〇〇艘の船艦)は対馬に上陸、さらに二〇日、博多湾に上陸して合戦し、いったん船に引きあげ、翌二一日姿を消した。直接の原因は前夜の大風雨によるといわれる。弘安四年(一二八一)の来攻と合わせて、元寇または蒙古襲来ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文永の役の関連情報