コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑状組織 はんじょうそしきporphyritic texture

6件 の用語解説(斑状組織の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斑状組織
はんじょうそしき
porphyritic texture

火成岩で肉眼的に目立つ大きさの鉱物粒が点在する組織。深成岩等粒状組織に対する語。斑状の結晶を斑晶,まわりの部分を石基という。石基が天然のガラスだけか,その中に肉眼で識別しがたい細粒の結晶が点在する場合を半晶質という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はんじょう‐そしき〔ハンジヤウ‐〕【斑状組織】

急冷によってできた細粒の結晶ガラス質からなる石基の中に斑晶が散在する火成岩の組織。火山岩に多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

斑状組織【はんじょうそしき】

岩石の組織を表す語。大きい結晶が細粒結晶集合中またはガラス中に散在する組織。前者が斑晶で,徐冷中に成長したもの。後者が石基で,急冷時にできたもの。
→関連項目岩石組織

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

斑状組織

火成岩の組織で,特に大きい結晶(斑晶)が存在し,周囲の細粒またはガラス質の石基の中に散らばっている組織[Macculloch : 1821].ローゼンブッシュは岩石の中で同じ鉱物種に二回の形成時期があったと考えた[Rosenbusch : 1887].同一鉱物種の間の形成時期の差の存在は,鉱物粒相互の形態,組成などによって判断され,鉱物粒の大きさの差は相対的である.大きな班晶は一般に自形である.ギリシャ語でporphyrosは英語のpurpleに相当する.purpleには病理学の紫斑病の意味がある.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんじょうそしき【斑状組織 porphyritic texture】

火成岩の組織を表す用語の一つ。斑晶石基鉱物のように,はっきり大きさの異なる2群の鉱物でできているとき斑状組織という。これに対し斑晶をほとんど含まない火山岩の組織をアフィリックaphyric(無斑晶状)という。火成岩がほぼ同じ大きさの鉱物粒からできているときは等粒状equigranularという。【宇井 忠英】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斑状組織
はんじょうそしき

火成岩において、斑晶と石基からなる組織。斑晶は石基に比べて著しく大きく、かつ一般には自形を呈する。火山岩の場合には、斑晶は石基に先だって、マグマがまだ地中にある期間にすでに晶出し始めたものと考えられている。しかし、ある種の深成岩では、最末期に晶出したカリウム長石が、それまでに晶出していた他鉱物を包み込みつつ、大きく成長して、一種の斑晶となったと考えられる場合もある。斑晶はしばしばある方向に配列し、マグマの流動を示すことがある。なお、変成岩にも、大きな結晶とそれを囲む小さな鉱物からなる組織があるが、それは斑状組織とはいわない。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone