コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑状組織 はんじょうそしきporphyritic texture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斑状組織
はんじょうそしき
porphyritic texture

火成岩で肉眼的に目立つ大きさの鉱物粒が点在する組織。深成岩の等粒状組織に対する語。斑状の結晶斑晶,まわりの部分を石基という。石基が天然のガラスだけか,その中に肉眼で識別しがたい細粒の結晶が点在する場合を半晶質という。多くの火山岩は半晶質である。斑状組織で石基がすべて細粒の結晶で埋められた完晶質の場合がある。半深成岩には完晶質の斑状組織のものが多い。火山岩でも大きな岩体では中心部にいくにつれて半晶質から完晶質の斑状組織に漸移することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

斑状組織【はんじょうそしき】

岩石の組織を表す語。大きい結晶が細粒結晶集合中またはガラス中に散在する組織。前者が斑晶で,徐冷中に成長したもの。後者が石基で,急冷時にできたもの。
→関連項目岩石組織

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

斑状組織

火成岩の組織で,特に大きい結晶(斑晶)が存在し,周囲の細粒またはガラス質の石基の中に散らばっている組織[Macculloch : 1821].ローゼンブッシュは岩石の中で同じ鉱物種に二回の形成時期があったと考えた[Rosenbusch : 1887].同一鉱物種の間の形成時期の差の存在は,鉱物粒相互の形態,組成などによって判断され,鉱物粒の大きさの差は相対的である.大きな班晶は一般に自形である.ギリシャ語でporphyrosは英語のpurpleに相当する.purpleには病理学の紫斑病の意味がある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんじょうそしき【斑状組織 porphyritic texture】

火成岩の組織を表す用語の一つ。斑晶石基鉱物のように,はっきり大きさの異なる2群の鉱物でできているとき斑状組織という。これに対し斑晶をほとんど含まない火山岩の組織をアフィリックaphyric(無斑晶状)という。火成岩がほぼ同じ大きさの鉱物粒からできているときは等粒状equigranularという。【宇井 忠英】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斑状組織
はんじょうそしき

火成岩において、斑晶と石基からなる組織。斑晶は石基に比べて著しく大きく、かつ一般には自形を呈する。火山岩の場合には、斑晶は石基に先だって、マグマがまだ地中にある期間にすでに晶出し始めたものと考えられている。しかし、ある種の深成岩では、最末期に晶出したカリウム長石が、それまでに晶出していた他鉱物を包み込みつつ、大きく成長して、一種の斑晶となったと考えられる場合もある。斑晶はしばしばある方向に配列し、マグマの流動を示すことがある。なお、変成岩にも、大きな結晶とそれを囲む小さな鉱物からなる組織があるが、それは斑状組織とはいわない。[橋本光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

斑状組織の関連キーワードユウポーフィリック,ユウポーフィリテイックストイキオノミック斑状組織グロメロプラズマテイックユーテクトフィリック組織ポーフィロクリスティックグロメログラニュラーハイアロフィリックヴィトリフィリックポーフィリトイドマグニフィリックチングァイト状パーパティックパーセミックカニンゲン岩粗粒玄武岩ユーライトデイサイトグロルド岩斑岩銅鉱床石英安山岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android