新エロイーズ(読み)しんエロイーズ(英語表記)Julie ou la Nouvelle Héloïse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新エロイーズ
しんエロイーズ
Julie ou la Nouvelle Héloïse

フランスの思想家 J.-J.ルソー書簡体小説。 1761年刊。題名は中世の神学者アベラールエロイーズの悲恋にちなみ,ジュネーブ湖畔を背景に男爵令嬢ジュリーと家庭教師サン=プルーとの恋を描き,美しい自然描写と抒情性によって当時大成功を収めた。ロマン主義文学の先駆的作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんエロイーズ【新エロイーズ Julie ou la nouvelle Héloïse】

フランスの思想家J.J.ルソーが1761年に刊行した書簡体の恋愛小説。舞台は18世紀スイスで,貴族の令嬢ジュリーと平民の家庭教師サン・プルーとの身分違いの恋を描く。ジュリーの父親の反対で2人は別れ,ジュリーは父の友人の無神論者ボルマールと愛のない結婚をする。ボルマールは農園クラランに妻子や小作人と独自の理想にもとづく共同生活を営み,すべてを承知のうえでサン・プルーを招き寄せる。激しい恋が若い2人の間によみがえりかけるが,信仰と美徳に生きるジュリーの克己心で危機は去る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新エロイーズ
しんえろいーず
Julie, ou La Nouvelle Hlose

フランスの作家ジャン・ジャック・ルソーの書簡体小説。1756~58年に書かれ、61年に出版。18世紀フランスにおいて多くの版を重ね、最大のベストセラーとなる。貴族の娘ジュリーは、その家庭教師で平民の青年サン・プルーと恋に落ちる。ジュリーは、貴族の偏見と誇りにより反対する父親への愛と恋人への愛に引き裂かれて悩むが、結局は父の選んだ男ボルマールと結婚する。傷心のサン・プルーはイギリス人の貴族ボムストン卿(きょう)の援助により世界一周の旅に出る。数年後ヨーロッパに戻ると、2人の過去をよく知っているボルマールは、過去を清算させるため、サン・プルーを自分の家に迎える。よみがえろうとする情念は克服されるかにみえるが、偶然の事故で死ぬことになるジュリーは、死の前に、サン・プルーに永遠の愛を誓って死んでゆく。作者ルソーの精神生活と感情生活のすべてが作品のなかに盛り込まれている。[原 好男]
『安士正夫訳『新エロイーズ』全4冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新エロイーズの言及

【センチメンタリズム】より

…フランスもまた,この種の新しい主情主義が根を下ろすべき時期にさしかかっていた証拠である。ルソーの《新エロイーズ》(1761)はスターン作品に先だつが,そこにはすでに〈サンティマンタリスム〉が明瞭に見てとれる。そしてそのルソーこそが,〈ロマンティック〉なる英語をフランス語に移植した当人であり,古典主義,啓蒙主義からロマン主義に移行する思潮の推進者であった。…

【モントルー】より

…人口2万(1990)。1761年ルソーがレマン湖一帯を背景に書いた小説《新エロイーズ》を発表すると注目をひき,気候温暖な景勝とあいまって,とくに1880年代以降には有名な保養地となった。バイロンの詩《シヨンの囚人》で知られるレマン湖畔のシヨンChillon城,レマン湖の眺望をほしいままにするコーCauxの町への観光拠点でもある。…

【ロマン主義】より

… 1800年前後のロマン主義文学理論の提起に先立ち,ロマン主義的(ロマンティック)な傾向をもった作家や作品を総称して遡及(そきゆう)的に前期ロマン主義と呼ぶこともあるが,イギリス文学と類似の徴候は18世紀中ごろのドイツやフランスの文学にも見いだされる。とりわけルソーの書簡体小説《新エロイーズ》や自伝的な作品《告白録》がその代表とされる。恋愛を中心とする自己の感情の起伏や精神的苦悩を主人公に仮託して描く自伝文学は,ロマン主義文学の中でも主要な位置を占め,ゲーテの《若きウェルターの悩み》,シャトーブリアンの《ルネ》(1802),セナンクールの《オーベルマン》(1804),コンスタンの《アドルフ》へと継承され,ミュッセの《世紀児の告白》(1836)へと受け継がれる。…

※「新エロイーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android