コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新信濃川 しんしなのがわ

3件 の用語解説(新信濃川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新信濃川
しんしなのがわ

信濃川新潟県燕市南端にある大河津から長岡市まで掘割した分水路。大河津分水路ともいう。河口にある新潟市を洪水から守るために設けられた。全長約 10km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんしなのがわ【新信濃川】

信濃川の分水路。新潟県西蒲原郡分水(ぶんすい)町大川津から三島郡寺泊(てらどまり)町野積海岸までで,大河津(おおこうづ)分水路ともいう。蒲原平野信濃川の水害から救う大河津分水計画は享保年間(1716‐36)以来何度かたてられたが,莫大な経費と広域にわたる利害調節が困難なため幕府は許可しなかった。1870年(明治3)明治政府によって着工されたが工事は進展せず,一揆まで起こり,75年中止となった。しかし96年の大水害を機に1909年工事は再開され,14年の歳月を費やして22年完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新信濃川
しんしなのがわ

越後(えちご)平野の中央を貫流する信濃川の州頂部につくられた分水。大河津(おおこうづ)分水ともいう。燕(つばめ)市分水(ぶんすい)地区の大川津(おおかわづ)(大河津)から長岡(ながおか)市寺泊(てらどまり)地区の野積(のづみ)海岸に至る延長約10キロメートル、幅720メートル、最大流水量20万立方メートルの放流能力をもつ。大川津は信濃川本流がもっとも海岸に近よる三角州の州頂部に位置し、分水は1716年(享保1)すでに寺泊町の本間数右衛門(ほんまかずえもん)らによって計画され、その後代々実現に努めたが、弥彦(やひこ)山地と西山山地間を掘削しなければならぬ難工事で、ついに実現しなかった。幕末から明治に入っても、近郷関係農村で数度も幕府あるいは国会に請願を繰り返したが成功せず、1909年(明治42)国家事業として実現することになり、1923年(大正12)まで15か年を要してようやく完成した大工事であった。この完成によって州島の5万ヘクタールの湿田が干田と化し、沿岸住民を洪水から救い、新潟港の築港を促進した。完成記念に築堤3キロメートルと大河津分水公園一帯に植えられたサクラは、いまは花見の名所になっている。閘門(こうもん)側の公園内に資料館もある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新信濃川の関連キーワード新潟県西蒲原郡弥彦村井田新潟県西蒲原郡弥彦村えび穴新潟県西蒲原郡弥彦村荻野新潟県西蒲原郡弥彦村川崎新潟県西蒲原郡弥彦村境江新潟県西蒲原郡弥彦村中山新潟県西蒲原郡新潟県西蒲原郡弥彦村平野新潟県西蒲原郡弥彦村麓分水〈町〉

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone