コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新利根[町](読み)しんとね

百科事典マイペディアの解説

新利根[町]【しんとね】

茨城県南部,稲敷郡の旧町。1996年6月1日,新利根村から町制利根川中流部北岸の穀倉地帯に位置し,町の中央を新利根川が東流する。機械化の進んだ米作とイチジク栽培が盛んである。龍ヶ崎市の東に接して工業化が進み,1990年からの5年間で人口が14.7%増加している。上根本の称蓮社釈迦堂には〈寝釈迦さま〉として知られる釈迦如来涅槃(ねはん)像がある。2005年3月稲敷郡江戸崎町,町,桜川村と合併し市制稲敷市となる。29.74km2。1万149人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんとね【新利根[町]】

茨城県南部,稲敷郡の町。人口1万0530(1995)。1996年町制。新利根川沿岸の低地を占める。耕地大部分は水田で,ほとんどが湿田であったが,第2次大戦後の国営新利根川灌漑排水事業によって土地改良が進んだ。農業は米作が大部分をしめる。近年,機械工業などの工場も増加し,また竜ヶ崎市など近隣地域への通勤者もふえている。天台宗の名刹逢善寺や寝釈迦像で知られる阿弥陀寺があり,新利根川はフナの釣場として釣客でにぎわう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android