コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新利根川 しんとねがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新利根川
しんとねがわ

茨城県南部,利根川の北側を東流する人工河川。全長 32km。利根川と小貝川の合流点付近,押付新田 (利根町) から,河内町稲敷市を横断して霞ヶ浦に注ぐ。江戸時代,下利根付近の村落に多発する水害を防ぎ,水田化するために,新川を建設したが成功せず,廃川となり放置されていたのを,1946年から大規模な沿岸改修工事が実施され,1964年完成。沿岸は二毛作地帯になり,県の穀倉地帯となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんとね‐がわ〔‐がは〕【新利根川】

茨城県南部を流れる人工河川。北相馬郡利根町から流し、稲敷市で霞ヶ浦に注ぐ。長さ約33キロ。江戸幕府利根川下流の洪水防止と手賀沼印旛沼干拓のために開いたもので、寛文6年(1666)完成。昭和21年(1946)国営の農業水利工事が始まり、低湿地も水田化され、県最大の米作地帯となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新利根川
しんとねがわ

茨城県南部、稲敷(いなしき)市などを流れる川。小貝(こかい)川が利根川に合流する北相馬(きたそうま)郡利根町押付(おしつけ)を上流端とし、稲敷市上須田(かみすだ)押堀(おっぽり)で霞ヶ浦(かすみがうら)に流出する。延長33キロメートル、流域面積184平方キロメートル。茨城県最大の米作地帯を流れる。江戸幕府が利根川下流の治水と印旛(いんば)、手賀(てが)両沼干拓の目的で開いた人工河川で、1666年(寛文6)完成。第二次世界大戦後は流域一帯に国営、県営の大農業水利事業が施行されて、低湿地も水田化された。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新利根川の関連キーワード茨城県稲敷郡河内町桜川(茨城県南部)新利根[町]茨城県稲敷市稲敷(市)河内[町]印旛沼干拓本埜[村]利根(町)五霞(町)境(町)東[町]上野満新利根

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android