コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新利根川 しんとねがわ

3件 の用語解説(新利根川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新利根川
しんとねがわ

茨城県南部,利根川の北側を東流する人工河川。全長 32km。利根川小貝川の合流点付近,押付新田 (利根町) から,河内町,稲敷市を横断して霞ヶ浦に注ぐ。江戸時代,下利根付近の村落に多発する水害を防ぎ,水田化するために,新川を建設したが成功せず,廃川となり放置されていたのを,1946年から大規模な沿岸改修工事が実施され,1964年完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんとね‐がわ〔‐がは〕【新利根川】

茨城県南部を流れる人工河川。北相馬郡利根町で利根川本流から分かれ、稲敷市で霞ヶ浦に注ぐ。長さ約33キロ。寛文6年(1666)江戸幕府が利根川下流の洪水防止、手賀沼干拓を目的として完成した。昭和21年(1946)国営の新利根川農業水利工事が行われて低湿地も水田化され、県最大の米作地帯となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新利根川
しんとねがわ

茨城県南部、稲敷(いなしき)市などを流れる川。小貝(こかい)川が利根川に合流する北相馬(きたそうま)郡利根町押付(おしつけ)を上流端とし、稲敷市上須田(かみすだ)押堀(おっぽり)で霞ヶ浦(かすみがうら)に流出する。延長33キロメートル、流域面積184平方キロメートル。茨城県最大の米作地帯を流れる。江戸幕府が利根川下流の治水と印旛(いんば)、手賀(てが)両沼干拓の目的で開いた人工河川で、1666年(寛文6)完成。第二次世界大戦後は流域一帯に国営、県営の大農業水利事業が施行されて、低湿地も水田化された。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone