コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新加制式 しんかせいしき

2件 の用語解説(新加制式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんかせいしき【新加制式】

戦国家法の一つ。阿波の大名三好氏の家法。条数22ヵ条。制定者は,三好氏の家宰篠原長房(岫雲)とされ,制定年代は,1562年(永禄5)3月より以降約10年のあいだに比定されている。法典としての形式は,神社・仏寺の規定を首条におくという中世の法典の形式を踏襲しているが,その条文配列など必ずしも整然としたかたちをとっていない。内容は,評定衆の収賄の禁止,訴訟の証人に関する規定などの訴訟・訴訟手続法,主人・被官関係についての条項,地頭と百姓の間を規定した条項,所領譲与などの相続法などがその主たるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新加制式
しんかせいしき

戦国期の分国法の一つ。古くは室町幕府法の一種と考えられていたが、中田薫(かおる)によって阿波三好(あわみよし)氏の分国法であることが明らかにされた。1560年(永禄3)ころ、三好義賢(よしかた)(実休(じっきゅう))の家臣篠原(しのはらしうん)(または紫雲)が作成し、義賢の子長治(ながはる)(長春)が発布した。全文22条からなり、その内容は、相論・家臣の所領・年貢に関する規定、結党禁止の規定などからなり、幕府法継承の色彩が強く、室町幕府との結び付きの強い三好氏の性格を象徴している。[大久保俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新加制式の関連キーワード国家法人説借家法信玄家法戦国大名武家法分国法三好三人衆結城家法度家法国家法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone