新加制式(読み)しんかせいしき

世界大百科事典 第2版の解説

しんかせいしき【新加制式】

戦国家法の一つ。阿波の大名三好氏の家法。条数22ヵ条。制定者は,三好氏の家宰篠原長房(岫雲)とされ,制定年代は,1562年(永禄5)3月より以降約10年のあいだに比定されている。法典としての形式は,神社・仏寺規定を首条におくという中世の法典の形式を踏襲しているが,その条文配列など必ずしも整然としたかたちをとっていない。内容は,評定衆の収賄の禁止,訴訟の証人に関する規定などの訴訟・訴訟手続法,主人・被官関係についての条項,地頭と百姓の間を規定した条項,所領譲与などの相続法などがその主たるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新加制式
しんかせいしき

戦国期の分国法の一つ。古くは室町幕府法の一種と考えられていたが、中田薫(かおる)によって阿波三好(あわみよし)氏の分国法であることが明らかにされた。1560年(永禄3)ころ、三好義賢(よしかた)(実休(じっきゅう))の家臣篠原(しのはらしうん)(または紫雲)が作成し、義賢の子長治(ながはる)(長春)が発布した。全文22条からなり、その内容は、相論・家臣の所領・年貢に関する規定、結党禁止の規定などからなり、幕府法継承の色彩が強く、室町幕府との結び付きの強い三好氏の性格を象徴している。[大久保俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android