新城新蔵(読み)しんじょう しんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新城新蔵 しんじょう-しんぞう

1873-1938 明治-昭和時代前期の天文学者。
明治6年8月20日生まれ。ドイツに留学後,京都帝大教授となり,大正7年宇宙物理学講座をひらく。昭和4年同大総長。10年中華民国上海自然科学研究所長となる。宇宙進化論など幅ひろい研究を展開。また中国古代天文学の研究に先鞭をつけた。昭和13年8月1日南京で死去。66歳。福島県出身。帝国大学卒。著作に「東洋天文学史研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょうしんぞう【新城新蔵】

1873‐1938(明治6‐昭和13)
天文学者。福島県会津若松に生まれ,第二高等学校を経て東京帝大で物理学を専攻し,卒業後は京都帝大理工科大学の助教授,教授となった。理工科大学はのちに工学部,理学部に分かれたが,1921年には理学部に宇宙物理学科を創設し,物理学に基礎を置く新しい天文学の研究を志した。そこには宇宙進化論に関する独特の流星説が裏打ちされていた。また中国の天文学史の研究に先鞭をつけた。中国の天文学は中国独自のものではなく西方,インドより伝わったものであるとした飯島忠夫との論争は著名で,新城新蔵は中国の天文学は戦国時代もっとも進歩をとげ独自の天文学を有したと主張した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新城新蔵
しんじょうしんぞう
(1873―1938)

天文学者。会津若松の酒造家の六男として出生。第二高等学校を経て、1895年(明治28)東京帝国大学物理学科卒業、同大学院に入学し、物理学を専攻。1897年9月陸軍教授に任じ、砲工学校で教鞭(きょうべん)をとる。1900年(明治33)京都帝国大学理工科大学助教授となり、続いてドイツに留学、帰朝して同教授、理学博士となり、1918年(大正7)同大学に宇宙物理学教室を創設した。理学部長、同大学総長を経て名誉教授となり、上海(シャンハイ)自然科学研究所所長に就任。日華事変が勃発(ぼっぱつ)すると戦乱下で研究所を死守し、戦争直後の北京(ペキン)、南京(ナンキン)、杭州(こうしゅう)の文化資料保存のために活躍し、ついに1938年(昭和13)8月1日、南京の病舎で客死した。日本内地および朝鮮各地で重力・地磁気を測定し、また京大宇宙物理学時代は理論宇宙物理学の研究に努めた。中国古代暦術を研究し、東洋天文学の権威者としても著名で、『東洋天文学史研究』のほか多くの著書がある。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android