コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新城新蔵 しんじょう しんぞう

3件 の用語解説(新城新蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新城新蔵 しんじょう-しんぞう

1873-1938 明治-昭和時代前期の天文学者。
明治6年8月20日生まれ。ドイツに留学後,京都帝大教授となり,大正7年宇宙物理学講座をひらく。昭和4年同大総長。10年中華民国上海自然科学研究所長となる。宇宙進化論など幅ひろい研究を展開。また中国古代天文学の研究に先鞭をつけた。昭和13年8月1日南京で死去。66歳。福島県出身。帝国大学卒。著作に「東洋天文学史研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょうしんぞう【新城新蔵】

1873‐1938(明治6‐昭和13)
天文学者。福島県会津若松に生まれ,第二高等学校を経て東京帝大で物理学を専攻し,卒業後は京都帝大理工科大学助教授,教授となった。理工科大学はのちに工学部,理学部に分かれたが,1921年には理学部に宇宙物理学科を創設し,物理学に基礎を置く新しい天文学の研究を志した。そこには宇宙進化論に関する独特の流星説が裏打ちされていた。また中国の天文学史の研究に先鞭をつけた。中国の天文学は中国独自のものではなく西方,インドより伝わったものであるとした飯島忠夫との論争は著名で,新城新蔵は中国の天文学は戦国時代もっとも進歩をとげ独自の天文学を有したと主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新城新蔵
しんじょうしんぞう
(1873―1938)

天文学者。会津若松の酒造家の六男として出生。第二高等学校を経て、1895年(明治28)東京帝国大学物理学科卒業、同大学院に入学し、物理学を専攻。1897年9月陸軍教授に任じ、砲工学校で教鞭(きょうべん)をとる。1900年(明治33)京都帝国大学理工科大学助教授となり、続いてドイツに留学、帰朝して同教授、理学博士となり、1918年(大正7)同大学に宇宙物理学教室を創設した。理学部長、同大学総長を経て名誉教授となり、上海(シャンハイ)自然科学研究所所長に就任。日華事変が勃発(ぼっぱつ)すると戦乱下で研究所を死守し、戦争直後の北京(ペキン)、南京(ナンキン)、杭州(こうしゅう)の文化資料保存のために活躍し、ついに1938年(昭和13)8月1日、南京の病舎で客死した。日本内地および朝鮮各地で重力・地磁気を測定し、また京大宇宙物理学時代は理論宇宙物理学の研究に努めた。中国古代暦術を研究し、東洋天文学の権威者としても著名で、『東洋天文学史研究』のほか多くの著書がある。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新城新蔵の関連キーワード秦佐八郎御木徳一上畠益三郎貴志弥次郎志波安一郎瀬川章友田中次郎(2)丹下茂十郎仁保清作本多主馬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新城新蔵の関連情報