コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新大仏寺 しんだいぶつじ

百科事典マイペディアの解説

新大仏寺【しんだいぶつじ】

三重県大山田(おおやまだ)村(現・伊賀市)にある真言宗智山派の寺。本尊阿弥陀三尊。俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)が1203年ごろまでに草創,当初伊賀別所といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の新大仏寺の言及

【大山田[村]】より

…東部山林地帯では良質のスギ・ヒノキ材を産出する。富永にある新大仏寺は鎌倉期の俊乗坊重源の創建といわれ,寺宝の絹本着色興正菩薩像,板彫五重塔などは重要文化財。鳳凰寺には白鳳時代の寺院跡が残っている。…

※「新大仏寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新大仏寺の関連キーワード室生赤目青山国定公園三重県伊賀市大山田[村]俊乗房重源

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新大仏寺の関連情報