新潮社(株)(読み)しんちょうしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新潮社(株)
しんちょうしゃ

1904年(明治37)佐藤義亮(ぎりょう)(1878―1951)が創業した文芸書出版社。前身の新声社(1896創業)の時代から田山花袋(かたい)ら自然主義派の文芸書を出版し発展した。大正期には「近代名著文庫」や「新潮文庫」など瀟洒(しょうしゃ)な小型本シリーズで海外の作品を翻訳発行、昭和初頭の円本(えんぽん)競争では『世界文学全集』を出版し、多くの読者を獲得した。第二次世界大戦後は、川端康成(やすなり)、島崎藤村(とうそん)、ジッド、ニーチェ、カフカ、モームなどの全集をいち早く出版した。
 雑誌は、1904年創刊し今日に至る文芸雑誌『新潮』のほかに、『文章倶楽部(くらぶ)』『トルストイ研究』『演劇新潮』『日の出』などを発刊した。第二次世界大戦後は、中間小説誌『小説新潮』(1947)、美術誌『芸術新潮』(1950)を、1956年(昭和31)には出版社系としては初めての週刊誌『週刊新潮』を創刊し、成功を収めた。さらに1981年、写真で時代を読む『FOCUS(フォーカス)』を創刊し(2001休刊)、同誌で法廷の田中角栄被告の姿をスクープしたあたりから「フォーカスする(される)」が流行語となった。1982年、ノンフィクション誌『新潮45』を創刊する。
 書籍出版の分野では文芸書を中心に、純文学書下ろし特別作品シリーズ、新潮選書、大正末期以来の新潮文庫、単行本、全集本などを発行。1996年(平成8)、創業100周年を迎え、その間に刊行点数は1万9000点を超えた。書籍のほかにCD-ROMなどニューメディア分野の出版物が増えている。2000年には他社と共同で『電子文庫パブリ』を公開、電子書籍をインターネット経由でダウンロード販売し始めた。資本金1億5000万円、従業員数397人(2012)。[大久保久雄]
『新潮社編・刊『新潮社七十年』(1966) ▽新潮社編・刊『新潮社一〇〇年図書総目録・索引』全2冊(1996)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android