新潮社[株](読み)しんちょうしゃ

百科事典マイペディアの解説

新潮社[株]【しんちょうしゃ】

1904年佐藤義亮が創立した文芸出版の老舗。同年創刊の雑誌《新潮》を中心に,新人作家の育成や外国文学の紹介に貢献。大正〜昭和初期にかけて雑誌《文章倶楽部》《文学時代》などのほか,円本《世界文学全集》,また《日本文学大辞典》などを刊行。1914年創刊の〈新潮文庫〉は〈岩波文庫〉と並ぶ日本の代表的な文庫に成長した。第2次大戦後は1950年《芸術新潮》を創刊,1956年《週刊新潮》によって週刊誌ブームの先鞭をつけ,1981年には《フォーカス》を発刊し,新しいスタイルの写真週刊誌の先駆けとなった(2001年休刊)。書籍分野でも文芸書を中心に〈新潮選書〉〈新潮新書〉など多彩な活動を展開している。近年,印刷物以外のカセット本,ビデオ,CD-ROMにも力を注ぐ。2011年資本金1億5000万円。
→関連項目出版デジタル機構渡辺淳一

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんちょうしゃ【新潮社[株]】

佐藤義亮(ぎりよう)が1904年に設立した文芸出版社。本社,東京都新宿区矢来町。日本の代表的な文芸雑誌新潮》(1904)を創刊したほか,書籍出版にも力を入れ,大正期に〈近代名著文庫〉(1913),〈新潮文庫〉(1914)などの翻訳もの,日本の作家のものでは〈代表的名作選集〉(1914)を刊行した。なかでも〈新潮文庫〉は〈岩波文庫〉(1927)より13年前に創刊され,一時中断したが,現在では,岩波文庫とともに代表的な文庫本シリーズに成長した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の新潮社[株]の言及

【円本】より

…当初は全37巻別巻1冊の予定であったが,予約読者が23万人(のちに40万~50万人)にのぼったので,全62巻別巻1冊に拡大した。この成功を見て翌27年3月,新潮社は《世界文学全集》全38巻(のちに19巻増刊)を刊行し,48万人の予約者を獲得した。他の各社もこれにならい,3月に春秋社《世界大思想全集》全126巻,5月に平凡社《現代大衆文学全集》正続60巻,6月に春陽堂《明治大正文学全集》60巻,28年11月に講談社《講談全集》12巻と続いた。…

【銀河】より

…児童雑誌。1946年10月~49年8月,新潮社発行。第2次世界大戦後,山本有三を編集顧問に創刊。…

※「新潮社[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android