コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日ソ通商条約 にっソつうしょうじょうやく

3件 の用語解説(日ソ通商条約の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日ソ通商条約【にっソつうしょうじょうやく】

日ソ共同宣言とともに調印された日ソ通商航海議定書に基づいて締結された条約(1958年発効)。これにより従来の物々交換方式貿易がポンドによる現金決済方式となり,また外交的特権をもつ旧ソ連通商代表部が東京に設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にっソつうしょうじょうやく【日ソ通商条約】

日本とソ連との間の戦争状態を終了させ日ソ共同宣言(1956)の第7項に従い,両国間の貿易関係の発展を促進する目的で,1957年12月,日ソ通商条約と貿易支払協定が締結された(1958年5月9日発効)。第2次世界大戦前にも,日ソ両国間の国交関係を樹立した日ソ基本条約(1925)以降,石油・石炭に関する北樺太日ソ利権協約(1925,28),日ソ森林利権協約(1927),日ソ漁業条約(1928)などが調印された例があったが,通商条約の調印はこれが最初の例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日ソ通商条約
にっそつうしょうじょうやく

1957年(昭和32)12月6日に調印、58年5月9日に批准書交換、発効した日ソ間の通商に関する基本的な条約。正式には「日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の通商に関する条約」。ソ連の崩壊の後、ロシア連邦がこの条約を継承した。前文と本文15か条のほか、付属書および交換公文が付属する。西側諸国間の通商航海条約が、入国、居住、社会保障、出訴権、財産の保護、経済活動の自由などに関して、広く内国民待遇または最恵国民待遇を規定するのに対し、日ソ通商条約ではこのような待遇の認められる範囲ははるかに狭い。
 他方で、ソ連では外国貿易の独占権が国家に属するという特殊性があったため、ソ連が通商代表部と、さらにその支部を日本の諸都市に置くことが認められてきた。日ソ通商条約とともに両国間で貿易支払協定が締結され、これまでたびたび更新されてきた。この協定に基づき、毎年日ロ貿易年次協議が行われているが、1985年に局長級から次官級協議に格上げされている。ちなみに日本の対ロ貿易額は2006年には輸出8213億6129万円、輸入7744億4645万円であった。[石本泰雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日ソ通商条約の関連キーワード待機状態価格戦争日ソ共同宣言日ソ中立条約ラパロ条約和諧日ソ日ソ基本条約56年宣言朝鮮戦争とソ連空軍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone