コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任那日本府 みまなにほんふ

世界大百科事典 第2版の解説

みまなにほんふ【任那日本府】

日本書紀》引用の《百済本記》(《百済記・百済新撰・百済本記》)にみえる6世紀中葉の加羅地方(朝鮮南部)の政治組織。ただし現在の学界では,任那日本府の存在を全面的に否定する説や,名称の造作説,その政治組織や歴史記述に疑問をもつ説などが錯綜(さくそう)し,定説がない。それゆえ,任那日本府に関連する次の4項目の基本問題に対し代表的な意見を列記する。(1)《百済本記》の史料価値 (a)《日本書紀》編者により,大和朝廷の国内統一の過程を,加羅地方に仮託したとする偽書説。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の任那日本府の言及

【金海加羅】より

…400年には南下した高句麗軍の主要な攻撃目標となる有力国であった。日本の学界では4世紀半以降に大和朝廷の朝鮮進出の基地である任那日本府がこの地におかれたとしているが,そのことを証明する文献や遺跡,遺物はまだ確認されていない。《駕洛国記》などの伝承によれば,首露王が42年に建国し,9代490年間続いたが,532年に新羅に降服したという。…

【朝鮮】より

…しかし,6世紀前半には再建された百済が任那地方に勢力を拡大し,大和朝廷は倭臣らの政治集団を安羅に常駐させることになった。これが《日本書紀》に記されている〈任那日本府〉の実体であったとみられるが,近年,大和朝廷による任那の植民地支配を否定する説も多い。 562年以降は,任那地方を含む加羅諸国が新羅の支配下におかれ,それに伴い大和朝廷は朝鮮半島からの後退を余儀なくされた。…

※「任那日本府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

任那日本府の関連キーワードキムヘ(金海)平野飛鳥時代(年表)任那(みまな)阿賢移那斯金海加羅佐魯麻都調伊企儺欽明天皇

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android