コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論賛 ロンサン

デジタル大辞泉の解説

ろん‐さん【論賛】

[名](スル)
人の徳行や業績などを論じたたえること。
史伝の終わりに著者が書き記した史実に対する論評

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろんさん【論賛】

( 名 ) スル
人の業績を論じたたえること。 「抽斎は艮斎のワシントンの-を読んで/渋江抽斎 鷗外
中国の史伝の終わりに、著者が加えた論評。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の論賛の言及

【賛】より

…独立して書かれる場合も,《文選》所収の賛のように長い散文の序を伴うことが多い。また紀伝体の史書の各巻末で述べられる史家の批評を,賛あるいは論賛と呼ぶ。散文の部分と韻文の部分から成ることが多いが,《後漢書》等のごとく韻文のみを指して賛と称するものもある。…

※「論賛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

論賛の関連キーワード三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐ワシントン三宅観瀾渋江抽斎日本政記安積澹泊日本外史後漢書正統論徳行業績各論総論文選

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android