コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本紅斑熱 ニホンコウハンネツ

3件 の用語解説(日本紅斑熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にほん‐こうはんねつ【日本紅斑熱】

日本紅斑熱リケッチアによる感染症。マダニの媒介により感染する。刺し口は赤くはれ、高熱および全身の発疹がみられる。感染症予防法の4類感染症の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本紅斑熱

春から秋に感染例が多く、野山での散策や農作業などをしている時に、リケッチア細菌に感染したマダニ類に刺されて発症する。2~10日の潜伏期間の後、高熱や発疹、リンパ節が腫れるなどの症状が出る。ツツガムシ病よりも重症化しやすいとされる。

(2012-04-26 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本紅斑熱
にほんこうはんねつ

紅斑熱リケッチアの一種であるリケッチア・ジャポニカRickettsia japonicaを病原体とするリケッチア症の一種。マダニが病原体を媒介するため、マダニ感染症の一種でもある。この種の感染症は全世界でみられ、北米のロッキー山紅斑熱のほか、地中海紅斑熱やオーストラリアのクイーンズランドマダニチフス、シベリアマダニチフスなどが知られている。日本紅斑熱は1984年(昭和59)に馬原文彦(まはらふみひこ)(1941― )によって初めて報告され、その後四国や九州を中心とする西日本の太平洋側の温暖な地域に多く発症例が報告されている。マダニは成虫だけでなく幼虫や若虫も吸血性で、野山の植物の葉陰に生息し野生動物や家畜にも寄生するため、春から秋にかけての活動期に野外で感染することが多い。日本紅斑熱の病原リケッチアはキチマダニやフタトゲチマダニなどが媒介すると考えられているが、ほかにヤマトマダニなどの媒介も疑われている。
 発症までの潜伏期間は2日~1週間ほどで、高熱と特徴的な発疹(ほっしん)、およびダニによる刺し口が認められることが特徴的な3徴候とされ、ほかに全身倦怠(けんたい)感、頭痛や悪寒(おかん)などを伴う。発疹は手足や手掌など四肢末端部および顔面などに出現する特徴があり、さらに求心性に広がる。治療はテトラサイクリン系抗菌薬が第一選択で、ニューキノロン系薬も一定の効果があるとされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本紅斑熱の関連キーワード母子感染水平感染散策苦栗茸蚤の衾黒初吸虫類感染食品感染BSE全頭検査《春から秋へ》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本紅斑熱の関連情報