コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭堂南陵 きょくどうなんりょう

大辞林 第三版の解説

きょくどうなんりょう【旭堂南陵】

(二代)(1877~1965) 講釈師。本名浅井鶴造。大阪生まれ。初代南陵に師事し、養子となる。「太閤記」を得意とし、大阪講談の孤塁を守った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

旭堂南陵【きょくどうなんりょう】

大阪の講釈師初代〔1858-1911〕は本名浅井金次郎。東京から大阪に移っている。2代〔1877-1965〕は本名浅井鶴造。初代に入門し,名古屋・東京で修業した後,旭堂小南陵を襲名,さらに旭堂南陵と改名。第2次世界大戦中から戦後の一時期にかけて,大阪でただ一人の講釈師として活躍し,得意演目は《難波(なんば)戦記》。3代〔1917-2005〕は2代の次男で,本名浅井美喜夫。大阪府生れ。大阪貿易学校卒業。1936年に初高座,1966年には3代旭堂南陵を襲名。戦後の上方(かみがた)講談の復活に尽力し,上方講談協会会長も務めた。主な演目は《太閤記》《難波戦記》など。著書に《上方講談三代記》がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょくどうなんりょう【旭堂南陵】

大阪の講釈師。(1)2代(1877‐1965∥明治10‐昭和40)の本名浅井鶴造が有名。東京から下阪した初代に入門,これも東京出身の4代正流斎南窓(しようりゆうさいなんそう)に東京流の修羅場から手ほどきを受けた。名古屋,東京で修業したのち,小南陵から南陵となり,第2次大戦中から戦後の一時期まで,大阪ただひとりの講釈師として活躍した。得意は大坂落城を語る《難波戦記(なんばせんき)》(大坂軍記物)。(2)3代(1917(大正6)‐ )本名浅井美喜夫。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旭堂南陵
きょくどうなんりょう

講釈師。旭堂は元来「あさひどう」であるが、初代が大阪に上った際、東京の旭堂と区別するため「きょくどう」ととなえたようである。[延広真治]

初代

(1858―1911)本名浅井金次郎。駿河(するが)(静岡県)生まれ。旅回りを重ね、『義士伝』であて、大阪に定着。生玉(いくたま)神社の御旅所の席主となる。晩年に一道(いちどう)と改名。世話好きで門弟をよく養った。[延広真治]

2代

(1877―1965)本名浅井鶴造。大阪・天満生まれ。本姓は樋口(ひぐち)。初代の弟子で、養子となる。3代正流斎南窓(しょうりゅうさいなんそう)、初代旭堂南陵、東京で4代神田伯竜(はくりゅう)に師事。24歳で真打となり小南陵、1906年(明治39)2代目を襲名。『太閤記(たいこうき)』『祐天吉松(ゆうてんきちまつ)』などを得意とし、大阪講談の孤塁を守った。[延広真治]

3代

(1917―2005)本名浅井美喜夫。2代の実子。大阪市生玉生まれ。南海、小南陵を経て1966年(昭和41)3代目襲名。先代譲りの『太閤記』などを得意とした。大阪最後の講釈師としての責任を自覚し、よく後継者を育て、大阪講談は廃絶を免れた。上方(かみがた)講談協会会長を務めた。[延広真治]

4代

(1949― )本名西野康雄。大阪府堺市生まれ。1968年(昭和43)3代目に入門。南右を経て、78年真打となり3代目小南陵を襲名。講釈師の活動のほかに、参議院議員を1期務め、また俳優としても活躍。講談研究の本も著す。2006年(平成18)4代目を襲名。[延広真治]
『3代目旭堂南陵著『上方講談三代記』(1982・夏の書房) ▽3代目旭堂小南陵著『明治期大阪の演芸速記本基礎研究』『明治期大阪の演芸速記本基礎研究 続』(1994、2000・たる出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旭堂南陵の関連キーワード旭堂 南陵(2代目)旭堂 南陵(3代目)旭堂南陵(2代)旭堂南陵(3代)9月15日1月25日9月4日孤塁養子

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android