コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭硝子[株] あさひガラス

世界大百科事典 第2版の解説

あさひガラス【旭硝子[株]】

日本最大のガラス・メーカー。三菱系。1907年9月,岩崎俊弥(岩崎弥太郎の弟弥之助の次男)により旭硝子(株)の名称で兵庫県尼崎に創立された。ベルギーから手吹式円筒法の技術を導入して09年尼崎工場(現,関西工場)を建設,日本初の窓ガラス生産に成功した。第1次大戦の影響による耐火煉瓦およびソーダ灰の入手難に際し,それぞれ16年,17年に初の国産化に成功。こうして,板ガラスのほか,高熱工業の基礎資材として不可欠の耐火炉材,化学工業の基礎原料であるソーダという経営の柱となる3部門が築かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の旭硝子[株]の言及

【ガラス工業】より

…ガラス,ガラス製品製造業の出荷額は窯業,土石製造業の約15%を占め,製品形態別に,板ガラス工業,ガラス製品工業,ガラス繊維工業の三つに大別される。
[板ガラス工業]
 大規模な溶融窯で昼夜連続操業を行う典型的な装置産業で,このため欧米各国とも企業数は少なく,日本でも,販売シェア順で旭硝子(あさひガラス),日本板硝子,セントラル硝子(1959進出)の3社寡占状態になっている。日本で最初に板ガラスを生産したのは1907年設立の旭硝子で,手吹き円筒法が用いられた。…

※「旭硝子[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

旭硝子[株]の関連キーワード日本板硝子