昆虫ホルモン(読み)こんちゅうホルモン(英語表記)insect hormone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昆虫ホルモン
こんちゅうホルモン
insect hormone

昆虫のホルモンは脊椎 (せきつい) 動物に比べて種類が少なく,内分泌器官も脳,アラタ体,幼若体が知られる程度である。しかし,1つのホルモンの持つ作用は多種多様であり,いまだに未知な部分も多い。昆虫ホルモンで特に有名なのは変態ホルモンである。脱皮を誘導するエクジソンと,蛹化の阻止やさまざまな器官の成熟の機能を持つ幼若ホルモンの2種類のホルモンの組み合わせにより,一連の複雑な変態が行なわれている。幼若ホルモンは比較的簡単な構造のため,ホルモン活性を持つ化合物が合成でき,殺虫剤等農業面でも利用価値の高いものとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんちゅうホルモン【昆虫ホルモン insect hormone】

脊椎動物と同様に,昆虫でも多くの生命現象,中でも脱皮・変態・羽化といった昆虫に特異的な形態変化がホルモンの支配を受けている。前胸腺から分泌され脱皮を誘導するエクジソンアラタ体から分泌され脱皮後の形態(幼虫かさなぎか成虫か)を決定する幼若ホルモンがとりわけ重要である。前者は,前胸腺刺激ホルモン,後者はアラタ体刺激ホルモンの支配下にあり,刺激ホルモンはいずれも神経ホルモンである。また,羽化時には,羽化の時機を決め羽化行動を解発する羽化ホルモン,成虫の体を着色させるパーシコン,皮膚の硬化をすすめる硬化因子が働く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんちゅうホルモン【昆虫ホルモン】

昆虫類のもつホルモンの総称。脱皮ホルモン・幼若ホルモンなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android