コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昆虫ホルモン こんちゅうホルモン insect hormone

4件 の用語解説(昆虫ホルモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昆虫ホルモン
こんちゅうホルモン
insect hormone

昆虫のホルモンは脊椎 (せきつい) 動物に比べて種類が少なく,内分泌器官も脳,アラタ体,幼若体が知られる程度である。しかし,1つのホルモンの持つ作用は多種多様であり,いまだに未知な部分も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんちゅう‐ホルモン【昆虫ホルモン】

昆虫の変態などに関与するホルモン前胸腺ホルモンアラタ体ホルモンなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こんちゅうホルモン【昆虫ホルモン insect hormone】

脊椎動物と同様に,昆虫でも多くの生命現象,中でも脱皮・変態・羽化といった昆虫に特異的な形態変化がホルモンの支配を受けている。前胸腺から分泌され脱皮を誘導するエクジソンアラタ体から分泌され脱皮後の形態(幼虫かさなぎか成虫か)を決定する幼若ホルモンがとりわけ重要である。前者は,前胸腺刺激ホルモン,後者はアラタ体刺激ホルモンの支配下にあり,刺激ホルモンはいずれも神経ホルモンである。また,羽化時には,羽化の時機を決め羽化行動を解発する羽化ホルモン,成虫の体を着色させるパーシコン,皮膚の硬化をすすめる硬化因子が働く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんちゅうホルモン【昆虫ホルモン】

昆虫類のもつホルモンの総称。脱皮ホルモン・幼若ホルモンなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昆虫ホルモンの関連キーワード血リンパ原索動物排卵無脊椎動物触覚器官脱皮ホルモン微胞子虫目足∥肢脊椎動物血管系脊椎動物門

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone