大学令(読み)だいがくれい

大辞林 第三版の解説

だいがくれい【大学令】

官・公・私立の大学について、その目的・組織・監督に関する規定を定めた勅令。1918年(大正7)公布。47年(昭和22)学校教育法により廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大学令
だいがくれい

戦前期の日本の大学の基本的な性格と組織構造を規定した勅令。1918年(大正7)12月に公布され、翌1919年4月より施行された。大学令の公布以前には大学に関する法規として、1886年(明治19)3月公布の帝国大学令のみがあり、帝国大学以外の官公私立大学の設置は認められていなかった。私学のなかには、大学の名称を認められたものがあったが、制度上は1903年の専門学校令による専門学校にすぎなかった。その第1条によれば「大学ハ国家ニ須要ナル学術ノ理論及応用ヲ教授シ並其ノ蘊奥(うんのう)ヲ攻究スルヲ以テ目的トシ兼テ人格ノ陶冶(とうや)及国家思想ノ涵養(かんよう)ニ留意スヘキモノ」で、その数は1943年(昭和18)の時点で帝国大学7校を含めて官立19校、公立2校、私立28校、全体で49校であった。1947年、学校教育法の公布により廃止。[天野郁夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だいがく‐れい【大学令】

〘名〙 大正七年(一九一八)公布の、官・公・私立大学について、その目的・組織および監督の規定を設けた勅令。昭和二二年(一九四七)公布の学校教育法がこれにかわる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大学令の言及

【大学】より

… 私立の高等教育機関が大学になる道を開かれたのは大正期に入ってからである。1918年の大学令制定によって,初めて地方自治体や私人(財団法人)も大学を設立できるようになり,また官立専門学校のなかのあるものも,大学になることができることになった。幕末,維新期以来発達してきていた慶応義塾,早稲田,同志社,中央,明治などの私学が大学令による大学になり,また東京高等商業学校が東京商科大学(現,一橋大学)に,東京高等工業学校が東京工業大学になるなど官立専門学校も次々に大学に昇格して,帝国大学すなわち官立総合大学だけが大学であるという独占体制が崩れた。…

※「大学令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大学令の関連情報