コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明鏡止水 メイキョウシスイ

デジタル大辞泉の解説

めいきょう‐しすい〔メイキヤウ‐〕【明鏡止水】

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水心境

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

めいきょうしすい【明鏡止水】

長野の日本酒。酒名は、澄みきって乱れがない心の状態を表す成句で、これに目指す酒質を重ねて命名。大吟醸酒、純米大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒などがある。平成7、8、11~13、17、22年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦山田錦など。仕込み水は蓼科山伏流水蔵元の「大澤酒造」は元禄2年(1689)創業。所在地は佐久市茂田井。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

明鏡止水(めいきょうしすい)

長野県、大澤酒造株式会社の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

めいきょうしすい【明鏡止水】

〔荘子 徳充符
くもりのない鏡と波立たない静かな水の意。心にやましい点がなく、澄みきっていること。 「 -の心境」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

明鏡止水の関連キーワード祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・至・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒長野県止水

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明鏡止水の関連情報