コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日部[市] かすかべ

百科事典マイペディアの解説

春日部[市]【かすかべ】

埼玉県東部の市。1954年市制。1944年まで粕壁と書いた。庄内古川古利根川,元荒川などの沖積平野を占め,東端には千葉県境をなす江戸川が南流し,県の穀倉地帯を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かすかべ【春日部[市]】

埼玉県東部の市。1954年春日部町と豊春,武里,幸松,豊野の4村が合体,市制。人口20万0121(1995)。元荒川と江戸川にはさまれた沖積低地にあり,中心街は古利根川南岸の自然堤防上に位置する。埼葛(さいかつ)地方の行政の中心地で,県の出先機関が多い。江戸時代は日光道中の宿場町で,4・9の六斎市が立った。明治以降,1899年東武伊勢崎線,1929年総武鉄道(現,東武野田線)が通じて地方交通の要地となり,桐たんすや麦わら帽子などの特産地としても知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春日部[市]の関連キーワード633美の里斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカニゲルいの(町)吾北新藤兼人溝口健二

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android