風見章(読み)かざみあきら

  • 1886―1961
  • 風見章 かざみ-あきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1886.2.12. 茨城
[没]1961.12.20. 東京
政治家。早稲田大学在学中,中野正剛緒方竹虎らと親交を結ぶ。卒業後,大阪朝日新聞記者,信濃毎日新聞主筆を経て,1930年衆議院議員当選政界に進出した。第1次近衛文麿内閣内閣書記官長,第2次近衛内閣の司法相に登用され,新体制運動に近衛側近の一人として尽力した。第2次世界大戦後,公職追放となったが,52年政界に復帰日本社会党左派に属し日中国交回復提唱,新中国を高く評価した。須田禎一著『風見章とその時代』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

政治家。茨城県生れ。早大卒後,大阪朝日新聞,国際通信,信濃毎日新聞を経て,1930年衆議院議員。立憲民政党,国民同盟に属したが脱党昭和研究会に参加。第1次近衛文麿内閣書記官長,第2次近衛内閣法相となり,近衛文麿のブレーンの一人として新体制運動を推進する。第2次大戦後は日本社会党左派に属し日中国交回復や平和運動に尽力。→大政翼賛会
→関連項目信濃毎日新聞翼賛議員同盟

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1886-1961 昭和時代の政治家。
明治19年2月12日生まれ。「信濃(しなの)毎日新聞」主筆をへて昭和5年民政党から衆議院議員(当選9回)となる。第1次近衛内閣の書記官長をつとめ,第2次近衛内閣では法相として新体制運動を指導。戦後,27年政界に復帰。片山哲らと憲法擁護国民連合結成。30年左派社会党に入党。昭和36年12月20日死去。75歳。茨城県出身。早大卒。著作に「近衛内閣」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1886‐1961(明治19‐昭和36)
昭和期の政治家。茨城県水海道(みつかいどう)市に生まれる。1909年早稲田大学卒業後,《大阪朝日新聞》《国際通信》《信濃毎日新聞》を経て,30年より衆議院議員となる(以来4回連続当選)。立憲民政党のち国民同盟(1932‐36)に所属したが,36年中国を視察して政界革新の必要を感じて脱党。37年第1次近衛文麿内閣の書記官長,40年第2次近衛内閣の法相として,新体制運動を推進した。42年翼賛選挙には立候補せずに政界を引退して帰農

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政治家。茨城県豊田郡水海道(みつかいどう)(常総(じょうそう)市)生まれ。1905年(明治38)早稲田(わせだ)大学入学、杉浦重剛(すぎうらしげたけ)の称好塾へ入る。1913年(大正2)大阪朝日へ入社。国際通信、信濃(しなの)毎日と記者生活を送る。1928年(昭和3)第1回普通選挙に立候補するが落選。1930年に初当選、民政党に所属。1932年国民同盟に参加、1936年脱退し無所属となる。1937年第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣書記官長となり、日中戦争に対し不拡大派として活動する。1940年第二次近衛内閣では法相として新体制運動を推進するが5か月で辞任。1942年翼賛選挙では出馬せず、農夫となる。第二次世界大戦後、公職追放となり、1951年(昭和26)解除。1952年衆議院議員当選。当初無所属であったが、憲法擁護国民連合や、日中・日ソ国交回復国民会議の結成などに尽力し、1955年左派社会党に入党。1960年安保反対闘争に参加。著書『近衛内閣』(1951)などのほか、『世界』『中央公論』などに雑誌論文がある。

[小田部雄次]

『『近衛内閣』(中公文庫)』『須田禎一著『風見章とその時代』(1965・みすず書房)』『北河賢三他編『風見章日記・関係資料1936―1947』(2008・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の風見章の言及

【新体制運動】より

…おりからナチス・ドイツの電撃戦が成功し,〈バスに乗りおくれるな〉と近衛をかついで強力な政治体制をつくり戦争の拡大に備えようとする動きが各方面で活発となった。近衛側近の有馬頼寧,風見章らは〈高度国防国家の完成,外交の刷新,政治新体制の建設〉をスローガンに国民組織を基盤とする新党を結成し軍部をとりこんでこれを統制することを目ざしたし,陸軍の武藤章軍務局長らは親軍的な一国一党をつくらせようと企図した。これに対して観念右翼や内務官僚は強力新党は幕府的存在になると,国体論をたてにこれに反撃した。…

※「風見章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android