コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤隆之助 ごとう りゅうのすけ

3件 の用語解説(後藤隆之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤隆之助 ごとう-りゅうのすけ

1888-1984 大正-昭和時代の政治家。
明治21年12月20日生まれ。昭和8年蝋山政道(ろうやま-まさみち)らと昭和研究会を設立し,近衛文麿(このえ-ふみまろ)のブレーンとなる。15年大政翼賛会の組織局長となるが,右翼から批判され,翌年辞任。戦後は昭和同人会を主宰。昭和59年8月21日死去。95歳。千葉県出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうりゅうのすけ【後藤隆之助】

1888‐1984(明治21‐昭和59)
政治家。茨城県に生まれる。一高,京大で同窓であった近衛文麿のブレーンとなる。日本青年館を拠点に青年団や壮年団の運動を指導し,1933年国策研究機関の昭和研究会を創立し主宰した。37年第1次近衛内閣の組閣参謀として脚光をあび,40年には新体制運動の推進役となり,大政翼賛会組織局長に就任したが,翌年辞任した。戦後は東京高速道路取締役などをつとめた。【木坂 順一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後藤隆之助
ごとうりゅうのすけ
(1888―1984)

政治家。京都帝国大学法科卒業。在学中近衛文麿(このえふみまろ)と親交を結び、以後、近衛側近として仕える。1933年(昭和8)近衛政権樹立に備えて昭和研究会を設立し、国家再編の研究に従事した。1937年第一次近衛内閣組閣参謀。1938年昭和研究会を母体とした昭和塾を創設し塾長となる。1940年新体制準備委員会常任幹事、大政翼賛会組織局長などを務め、近衛新体制運動を支えた。しかし観念右翼による「アカ」攻撃のため局長を辞任。第二次世界大戦後は日本青年館理事などを務めるかたわら、昭和同人会を主宰。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後藤隆之助の言及

【昭和研究会】より

…近衛文麿のブレーン・トラストたることを目ざして設立された国策研究機関。近衛の友人で大日本連合青年団主事の後藤隆之助がその組織者であった。後藤は政界,官界,学界,言論界から左右を問わず広く多数の会員を集めたが,蠟山政道,東畑精一,有沢広巳,高橋亀吉,佐々弘雄,三木清,矢部貞治,笠信太郎,尾崎秀実などの少壮気鋭の知識人を擁し,しかもこれらの人々が研究・立案活動の担い手として積極的に活動した点に昭和研究会の特徴があった。…

※「後藤隆之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後藤隆之助の関連キーワード誡堂宗省御歌所中島重森戸辰男勝田永吉坂田武雄作田彦原田熊雄平塚英吉松本信一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone