コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢部貞治 やべ ていじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部貞治 やべ-ていじ

1902-1967 昭和時代の政治学者。
明治35年11月9日生まれ。昭和14年母校東京帝大の教授となる。近衛文麿ブレーンとなり,新体制運動の原案を作成する。敗戦後東京帝大教授を辞任。30年拓殖大総長。憲法改正論をとなえた。昭和42年5月7日死去。64歳。鳥取県出身。著作に「民主主義の本質と価値」「近衛文麿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢部貞治
やべていじ
(1902―1967)

政治学者。鳥取県生まれ。1926年(大正15)東京帝国大学法学部卒業。39年(昭和14)東大教授、政治学担当。昭和研究会に参加。近衛文麿(このえふみまろ)のブレーンとなり「新体制運動」の原案を作成。大政翼賛会が陸軍に牛耳(ぎゅうじ)られるや海軍と協力、ファッショ阻止の活動を行う。敗戦後、東大辞任。占領期間中は著述に没頭。『民主政機構の基礎原理』(1947)、『民主主義の本質と価値』(1949)、『政治学』(1947)、『近衛文麿』上下(1952)など刊行。占領解除後、早稲田(わせだ)大学大学院講師、拓殖大学総長(1955~64)。選挙制度調査会、中央教育審議会、憲法調査会などの委員を務めた。憲法改正論者であり、マルクス主義への鋭い批判で知られ、保守の理論家として活躍した。[村田克己]
『『矢部貞治日記』全四巻(1974・読売新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

矢部貞治の関連キーワード小野塚 喜平次小野塚喜平次近衛文麿内閣矢部 貞治昭和時代近衛声明

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android