コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智永 ちえい Zhi Yong

6件 の用語解説(智永の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

智永
ちえい
Zhi Yong

中国,隋の書僧。会稽 (浙江省) の出身で,王羲之の子孫という。俗姓は王氏。兄とともに出家して呉興の永欣寺に住し,法極と号した。三十数年間永欣寺の閣上に閉じこもって書を学び,『真草千字文』八百余本を書いて諸寺に納めたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちえい【智永】

中国南朝末・隋代の僧・書家。会稽(浙江省)の人。王羲之(おうぎし)7世の孫といわれる。作「真草千字文」など。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

智永【ちえい】

中国,南北朝,隋代の書僧。俗姓は王氏,名は法極。生没年不詳。王羲之の子孫で,王家の書法を伝えて諸体の書をよくした。会稽(浙江省)の永欣寺の閣上に30年こもって真草千字文800余本を臨書し,浙東の諸寺に施したという。
→関連項目虞世南千字文

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちえい【智永 Zhì yŏng】

中国,梁・陳・隋の間の僧侶。姓は王,名は法極。会稽(浙江省紹興県)の人。東晋の王羲之の7世の孫。出家して呉興(浙江省)の永欣寺に住した。隋に入って長安の西安寺に住したともいう。王羲之の書法を伝え,30年間永欣寺の楼上にこもり,真草千字文800本を臨書して浙東の諸寺に施入したという。また,その書をもとめるものが門前におしかけ,そのために門限(しきい)がこわれたため,鉄板でこれを保護したので,鉄門限といわれたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちえい【智永】

六世紀の中国の僧・書家。王羲之おうぎしの七世の孫といわれる。羲之風の書をよくし、「真草千字文」が伝わる。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

智永
ちえい

生没年不詳。中国、陳~隋(ずい)代(6世紀後半)の僧侶(そうりょ)、書家。浙江(せっこう)省会稽(かいけい)の人。俗姓は王氏、名は法極。書聖王羲之(おうぎし)7世の孫という。兄の孝賓(こうひん)とともに出家、浙江省呉興の永欣(えいきん)寺に住し、隋代には長安の西明寺に住した。書は南朝の正統を伝え、筆力縦横、真草二体に優れ、当時もっとも書名が高かった。永欣寺閣上に30年間閉じこもり、『真草千字文』800余本を臨模し、諸寺に施したという有名な話がある。王羲之から唐代へとつなぐ重要な役割を果たした書家といえよう。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の智永の言及

【永字八法】より

…楷書の基本的点画8種が永の1字に包含されているとして,〈永〉字によって運筆法を説いたもの(図)。その来源には張旭説,智永説,蔡邕(さいよう)・王羲之説の3通りある。一般には,後漢の蔡邕が嵩山(すうざん)の石室で書を学び,神授されたと伝えられ,蔡邕から崔瑗(さいえん),張芝,鍾繇(しようよう),王羲之を経て,王羲之7代の孫,隋の智永に伝わり,彼はこれを虞世南に授けて今日に伝わったとされる。…

【筆】より

… 魏晋南北朝時代の筆の実物はほとんど残されていないが,魏の韋誕の《筆墨法》や晋の成公綏(すい)の〈棄筆賦〉その他の文献によると,漢代につづいて有心筆が広く用いられたと考えられる。隋の僧智永は多くの千字文を書いたことで知られ,ちびた筆を瘞(うず)めて〈退筆塚〉を作ったという。これが筆塚の始まりである。…

※「智永」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

智永の関連キーワード瀛奎律髄王明詩経隋書陳覇先円光枕・椿・沈・珍・賃・鎭・鎮・陳陳言陳・老成

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

智永の関連情報