コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月潟 つきがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月潟
つきがた

新潟県中部,新潟市部の旧村域。新潟平野の西部にある。 1906年村制施行。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い大部分は南区の一部となった。穀倉地帯であるが,果樹園芸も行なわれ,ナシ,モモを栽培。類産ナシは国の天然記念物角兵衛獅子発祥地で,旧新潟交通月潟駅の脇に角兵衛地蔵尊がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月潟
つきがた

新潟県中央部、西蒲原(にしかんばら)郡にあった旧村名(月潟村(むら))。現在は、新潟(にいがた)市の南部(南(みなみ)区の一部)にあたる。2005年(平成17)、月潟村は新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、横越(よこごし)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、味方(あじかた)村、潟東(かたひがし)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。旧町域は中ノ口(なかのくち)川左岸に位置し、国道460号が通じる。近世は三条金物町の一環として月潟鎌(かま)を産し、現在も農村向けの鎌の生産地である。また、古くから越後(えちご)の囲(かこ)い梨(なし)の三大産地として類産(るいさん)ナシの国指定天然記念木も残る果樹栽培地で、近年はハウスブドウ、早場モモ、ナシの産地になっている。越後の角兵衛獅子(かくべえじし)はここが発祥地で、雪国の長い農閑期の旅稼ぎとして発生したものである。[山崎久雄]
『『月潟村誌』(1978・月潟村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

月潟の関連キーワード新潟県新潟市南区大別當新潟県新潟市南区亀田(新潟県)豊栄(新潟県)白根(新潟県)西川(旧町名)新潟県新潟市月潟[村]新潟(市)月潟〈村〉越後獅子清水邦夫小須戸獅子舞中之口新津味方横越潟東岩室

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android