コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊栄 とよさか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊栄
とよさか

新潟県中部,新潟市北東部の旧市域。阿賀野川の下流部東岸にある。 1955年葛塚町と木崎村,岡方村の2村が合体して豊栄町となり,1959年長浦村を編入。 1970年市制。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い北区の一部となった。中心市街地の葛塚は福島潟から流出する新井郷川の排水口にあたり,舟運の終点河岸として発達し,六斎市も開設され繁栄した。古くから織物業が盛ん。新井郷川流域の農村部では低地での米作,砂丘地での果樹・野菜栽培が行なわれる。部に日本中央競馬会新潟競馬場がある。

豊栄
とよさか

広島県中南部,東広島市北東部の旧町域。沼田川の支流椋梨川 (むくなしがわ) の上流域にある。 1949年町制。 1955年吉川村と上山村の一部を編入。 2005年東広島市に編入。中心集落の乃美 (のみ) は近隣の商業中心地。農業では米作と野菜園芸が中心で,畜産,酪農も行なう。マツタケを特産。農業機械や自動車部品など農村工業の進出が著しく,兼業農家が大部分を占める。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とよさか【豊栄】

新潟県北部にあった市。阿賀野(あがの)川下流域に位置し、米作や青果生産が盛ん。中心の葛塚(くずつか)は六斎市場として発達。平成17年(2005)3月、新潟市に編入。→新潟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊栄 ほうえい

811-884 平安時代前期の僧。
弘仁(こうにん)2年生まれ。興福寺の学僧。法相(ほっそう)宗。貞観(じょうがん)12年維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ),13年宮中御斎会(ごさいえ)・薬師寺最勝会(さいしょうえ)の講師をつとめ,16年権(ごんの)律師となる。元慶(がんぎょう)8年死去。74歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

豊栄(とよさか)

新潟県新潟市にある道の駅。国道7号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とよさか【豊栄】

新潟市、阿賀野川下流東岸の地名。住宅地として発展。福島潟は冬鳥の飛来地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

豊栄の関連キーワード新潟県新潟市北区木崎新潟市北区郷土博物館新潟県新潟市北区嘉山ヘルツェンベルグ鉱中村魁春(2代)新潟県新潟市北区オータムポエム豊栄(広島県)豊栄(新潟県)木崎村小作争議遠藤七郎左衛門新潟県新潟市東広島(市)佐藤 和藤治佐藤 佐藤治川瀬 新蔵笹川 ミス黒瀬[町]福富[町]豊浦[町]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊栄の関連情報