コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潟東 かたひがし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潟東
かたひがし

新潟県中部,新潟市中南部の旧村域。新潟平野の西部にある。 1955年大原村と四ツ合村が合体して潟東村が成立。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い,西蒲区の一部となった。地名の由来は鎧潟の東にあることによる。水稲単作地帯の一部。新田が多い。大型機械化農村として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潟東
かたひがし

新潟県中北部、西蒲(にしかんばら)郡にあった旧村名(潟東村(むら))。現在は、新潟(にいがた)市の南西部(西蒲(にしかん)区の一部)にあたる。2005年(平成17)に潟東村は新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、横越(よこごし)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、味方(あじかた)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。「潟東」の名称は旧鎧潟(よろいがた)の東部にあることによる。旧村域は近世、鎧潟の湿原地で、「御封印野(ごふういんの)」とよばれた天領のヨシ刈り場を村請(むらうけ)新田として開発してできた新田村で、蒲原平野の代表的米作地帯。集落は潟べりの自然堤防上に位置し、第二次世界大戦前は潟の淡水漁業を副業としていた。戦後は鎧潟の干拓で近代的機械化農村にかわった。国道460号が通じ、北陸自動車道の巻潟東インターチェンジが近い。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

潟東の関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とサッカー新潟県北蒲原郡聖籠町新潟県新潟市西蒲区潟東樋口記念美術館新潟県新潟市北区西川(旧町名)亀田(新潟県)白根(新潟県)豊栄(新潟県)阿賀沖油ガス田八郎潟[町]中之口[村]新潟工業地域新潟県新潟市津幡[町]琴丘[町]井川[町]豊栄〈市〉聖籠(町)潟東[村]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潟東の関連情報