コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潟東 かたひがし

2件 の用語解説(潟東の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潟東
かたひがし

新潟県中部,新潟市中南部の旧村域。新潟平野の西部にある。 1955年大原村と四ツ合村が合体して潟東村が成立。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い,西蒲区の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潟東
かたひがし

新潟県中北部、西蒲原(にしかんばら)郡にあった旧村名(潟東村(むら))。現在は、新潟(にいがた)市の南西部(西蒲(にしかん)区の一部)にあたる。2005年(平成17)に潟東村は新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、横越(よこごし)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、味方(あじかた)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。「潟東」の名称は旧鎧潟(よろいがた)の東部にあることによる。旧村域は近世、鎧潟の湿原地で、「御封印野(ごふういんの)」とよばれた天領のヨシ刈り場を村請(むらうけ)新田として開発してできた新田村で、蒲原平野の代表的米作地帯。集落は潟べりの自然堤防上に位置し、第二次世界大戦前は潟の淡水漁業を副業としていた。戦後は鎧潟の干拓で近代的機械化農村にかわった。国道460号が通じ、北陸自動車道の巻潟東インターチェンジが近い。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潟東の関連キーワード新潟平野新潟県新潟市中央区鐙新潟県新潟市中央区嘉木新潟県新潟市中央区鐘木新潟県新潟市中央区清五郎新潟県新潟市中央区西大畑町新潟県新潟市中央区西船見町新潟県新潟市中央区万代島新潟県新潟市中央区緑町新潟県新潟市中央区柳島町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

潟東の関連情報