有漢(読み)うかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有漢
うかん

岡山県中部,吉備高原にあり高梁 (たかはし) 川の支流有漢川流域の地区。旧町名。 1956年有漢村と上有漢村が合体して町制。 2004年 10月,旧高梁市,成羽町,川上町,備中町と合併し,新市高梁市が発足。河岸段丘上の畑地ではタバコを産する。明治期の思想家綱島梁川の生地。臍帯 (ほそお) 寺の石幢,石塔婆はともに重要文化財。 1997年岡山自動車道が開通,インターチェンジが開設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有漢
うかん

岡山県中部、上房(じょうぼう)郡にあった旧町名(有漢町(ちょう))。現在は高梁(たかはし)市の一地区。1956年(昭和31)上有漢村と有漢村が合併して町制施行。2004年(平成16)高梁市、成羽(なりわ)町、川上(かわかみ)町、備中(びっちゅう)町と合併、高梁市となる。旧町域は、高梁(たかはし)川支流の有漢川上流を占め、吉備(きび)高原上にある。国道313号が通じ、岡山自動車道の有漢インターチェンジがある。名称の「有漢」は古代の有漢(うかに)郷に由来。鎌倉時代に相模(さがみ)国(神奈川県)から三浦氏の一族秋庭(あきば)氏が地頭に任じられて有漢郷にきて以来その支配を受け、近世は高梁の松山藩の支配となった。高原ながら盆地が開け水田が多く、米のほかタバコ、ブドウ、モモなどを産する。臍帯(ほそお)寺の石幢(せきどう)および石塔婆(せきとうば)は国指定重要文化財。[由比浜省吾]
『『有漢郷土史』(1969・有漢町教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有漢の関連情報