コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈隆 あさひなたかし

5件 の用語解説(朝比奈隆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝比奈隆
あさひなたかし

[生]1908.7.9. 東京
[没]2001.12.29. 神戸
指揮者。 1931年京都大学法学部卒業後,阪神急行電鉄 (現・阪急電鉄) に入社したが,33年に退社し,京都大学文学部に再入学。音楽美学を専攻しつつバイオリンと指揮法を学ぶ。 39年新交響楽団 (現・NHK交響楽団) を指揮してデビューした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あさひな‐たかし【朝比奈隆】

[1908~2001]指揮者。東京の生まれ。昭和15年(1940)新交響楽団(現NHK交響楽団)を指揮してデビュー。昭和22年(1947)関西交響楽団(現大阪フィルハーモニー交響楽団)を創立、常任指揮者となる。ベルリンフィルハーモニー管弦楽団シカゴ交響楽団などのオーケストラに多数客演、大阪フィルハーモニー交響楽団を率いて欧州公演を行うなど、海外でも成功を収めた。昭和50年度(1975)芸術院賞受賞、平成6年(1994)文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

朝比奈隆【あさひなたかし】

指揮者。京大在学中からバイオリンと指揮法を学び,1939年に新交響楽団(現NHK交響楽団)を振ってデビュー。上海交響楽団などの指揮者を経て1947年関西交響楽団を創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈隆 あさひな-たかし

1908-2001 昭和-平成時代の指揮者。
明治41年7月9日生まれ。メッテルに指揮法をまなぶ。昭和15年新交響楽団(現N響)を指揮してデビュー。22年関西交響楽団を創立,35年同楽団解散後,大阪フィルハーモニー交響楽団を設立,常任指揮者となる。51年芸術院賞。平成6年文化勲章。平成13年12月29日死去。93歳。東京出身。京都帝大法学部,文学部卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝比奈隆
あさひなたかし
(1908―2001)

指揮者。東京生まれ。京都帝国大学法学部を卒業後、同文学部哲学科を卒業(1937)。音楽は橋本国彦(くにひこ)、L・クロイツァーらに師事。1942年(昭和17)大阪中央放送局の専属指揮者となり、太平洋戦争中は中国の交響楽団で活動し、1947年(昭和22)には関西交響楽団を結成して常任指揮者を務めた。1960年同団解散後は、大阪フィルハーモニー交響楽団を結成、総監督および常任指揮者となる。ベートーベン、ブラームス、ブルックナー、シベリウスなどの交響曲をレコード化し、スケールの大きい演奏で音楽ファンの人気を集めた。NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団などへの指揮のほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、シカゴ交響楽団など海外でも指揮をしている。1976年には芸術院賞、1977年西ドイツ大功労十字勲章、1979年朝日賞などを受賞している。1989年(平成1)文化功労者。1994年文化勲章受章。[美山良夫]
『朝比奈隆他著『朝比奈隆のすべて――指揮生活60年の軌跡』(1995・芸術現代社) ▽朝比奈隆著『この響きの中に――私の音楽・酒・人生』(2000・実業之日本社) ▽朝比奈隆著『楽は堂に満ちて』(2001・音楽之友社)』
「朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団演奏『ベートーヴェン交響曲DVD全集』全8巻(1997・ポニーキャニオン) ▽同指揮、同演奏『ブルックナー 交響曲全集』全12巻(1997・ポニーキャニオン)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

朝比奈隆の関連キーワードアトリエ・ワンみかんぐみ監獄法レーンキープサポートシステム中国婚姻法ホ ジノ早稲田文学新聞小説松浦亜弥安藤希

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝比奈隆の関連情報