朦朧状態(読み)モウロウジョウタイ

  • ×朦×朧状態
  • もうろうじょうたい ‥ジャウタイ
  • もうろうじょうたい〔ジヤウタイ〕

百科事典マイペディアの解説

意識異常の一種。意識の変様状態で,意識混濁はあまり目立たない。一見整然とした行動を示すが,意識が狭縮しており,実際には目的のない行動を起こすことが多い。ときに放火殺人自殺などの衝動的行動にはしることもある。この状態は数時間から数週間続き,終わったときにはその間の記憶は断片的かあるいは全く喪失している。癲癇(てんかん),ヒステリー高熱中毒などの際みられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

意識障害の一。突然意識がぼんやりして、外界の適切な把握ができなくなり、突飛な言動や衝動的行為をしたりするが、平常に戻るとそのことを全く覚えていない。癲癇てんかん・急性アルコール中毒などで見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 意識の異常状態の一つ。軽い意識の混濁がある。一見かなり正常な状態に見えるが、刺激に対しての反応がにぶく、周囲の情況と無関係な異常な言動を伴う。ヒステリーや癲癇(てんかん)、アルコール中毒などにみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android