コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下氏 きのしたうじ

2件 の用語解説(木下氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きのしたうじ【木下氏】

近世大名。豊臣秀吉の生家木下氏と秀吉の妻(高台院)の実家杉原氏流木下氏がある。秀吉の父弥右衛門織田信秀の足軽で尾張中村の百姓。秀吉は信長に仕え木下藤吉郎と名のるが,出世に伴い1573年(天正1)羽柴氏に,さらに86年豊臣氏に改姓した。杉原氏は定利の女が秀吉の妻(北政所)となり,秀吉の一族として繁栄,北政所の伯父家次は秀吉に仕え丹波福知山城主となった。兄家定は秀吉に近侍し木下姓に改めて播磨姫路城主,関ヶ原の戦後備中足守(あしもり)に移封された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木下氏
きのしたうじ

豊臣秀吉(とよとみひでよし)およびその妻(北政所(きたのまんどころ))の一族。秀吉の父弥右衛門(やえもん)は、織田信長の父信秀(のぶひで)に鉄砲の者として仕え、木下を称していたが、出自は不明である。一族も木下を称したが、秀吉が羽柴(はしば)・豊臣と改称するに応じて、それぞれ改称した。北政所は、播磨(はりま)の土豪杉原(すぎはら)氏の出身で、祖父の代に尾張(おわり)に移住した。伯父杉原家次(いえつぐ)は、元亀(げんき)(1570~1573)のころより秀吉に仕え、本能寺(ほんのうじ)の変(1582)後、京都奉行(ぶぎょう)となり、また近江(おうみ)坂本城主(滋賀県大津市)として3万石余を領し、ついで丹波(たんば)福知山(ふくちやま)城主(京都府福知山市)となった。家次死後、妹婿の定利(さだとし)が家督を継ぎ、その子家定(いえさだ)(北政所の兄)の代より木下を称した。家定は大坂城留守居役となり、播磨姫路城(ひめじじょう)(兵庫県姫路市)2万5000石を領した。関ヶ原の戦いでは北政所の守護にあたり、のち備中(びっちゅう)(岡山県)足守(あしもり)城主となった。家定には男子が多く、嫡男は歌人長嘯子(ちょうしょうし)として有名な若狭(わかさ)小浜(おばま)(福井県小浜市)6万石の領主勝俊(かつとし)、五男は小早川(こばやかわ)家の養子となった秀秋(ひであき)である。この2家は絶えたが、二男利房(としふさ)は大坂の陣の功により家督を継いで備中足守2万5000石、三男延俊(のぶとし)は関ヶ原の戦いの功によって豊後(ぶんご)日出(ひじ)(大分県速見(はやみ)郡日出町)3万石をそれぞれ領し、大名家として版籍奉還まで続いた。1884年(明治17)ともに子爵となった。[池 享]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木下氏の関連キーワード豊臣秀長木下俊忠木下藤吉郎豊臣羽柴秀吉豊臣秀吉の朝鮮侵略豊臣秀吉の朝鮮出兵甲斐姫寺西正勝豊臣秀勝(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木下氏の関連情報