コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木材乾留 もくざいかんりゅう

百科事典マイペディアの解説

木材乾留【もくざいかんりゅう】

木材を乾留して木炭木酢液木タール,木ガスを得る操作。かつては乾留炉を用いて木材チップの乾留が工業的に行われたが,現在では主要製品の酢酸メタノールメチルアルコール)が安価に合成されるようになったためほとんどすたれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくざいかんりゅう【木材乾留】

木材を熱で分解して固体液体,そのうちとくに液体を得る操作。ただし固体として木炭を得るのを目的とするときには,製炭として区別する。酸素があると燃えるだけなので,酸素をできるだけ除いて熱分解を行う。1時間に20℃の温度上昇で加熱すると,ふつう200℃までに水がなくなり,180℃ぐらいから木材は分解しはじめる。280~300℃では発熱反応となり分解は急速にすすむ。400℃ぐらいから遅くなり,450℃で分解はほぼ終わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木材乾留
もくざいかんりゅう
dry distillation of wood

空気を断って木材をれんが製窯や鉄製レトルトで蒸し焼き(乾留という)にすることをいう。広葉樹の雑木、廃材などを窯に入れ外部から加熱すると、まず木ガスが発生し、次に揮発分が留出し、最後に木炭が残る。揮発分は冷却、静置してタール分と木酢(もくさく)(木酢液)に分離する。タールは木材中の樹脂、脂肪類および高級フェノールを多く含み、これからクレオソートがとれる。木酢液は蒸留によりメタノール(メチルアルコール)をとったあと、処理をして濃酢酸を得る。化学原料を目的とした木材乾留は近時意味を失っており、木炭製造を主目的とした製炭工業は現存するが衰微の傾向をたどっている。[野村正勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の木材乾留の言及

【乾留】より

…製鉄用に木炭が使用されたためであるが,同時に木酢液からはメタノールや酢酸が回収された。現在は製鉄用には石炭からのコークスが用いられるようになり,またメタノールや酢酸は合成法によって供給されるようになって,木材乾留工業はほとんど消滅した。【冨永 博夫】。…

※「木材乾留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木材乾留の関連キーワード近藤 寿一郎守屋物四郎木酢・木醋近藤寿一郎林産製品

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android