木酢液(読み)もくさくえき

  • pyroligneous acid, wood vinegar

百科事典マイペディアの解説

木材の乾留によって得られる水溶液。ともに留出する木タールから,放置または蒸留により分離する。酢酸メタノールアセトン,ギ酸などを含む。石灰乳で中和して蒸留するとメタノール,アセトンが留出し,酢酸がカルシウム塩として得られる。土壌消毒,殺虫,脱臭などに利用される。
→関連項目薫(燻)製木材乾留

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

木材乾留や製炭の際に発生するガスを冷却すると液状物が生ずる。これを放置すると2層に分かれるが,上層が木酢液,下層が木タールである。木酢液は大部分が水で,酢酸,メチルアルコールを中心とする50~100種の化学物質を含む。酢酸とメチルアルコールは木材に存在したものではなく,前者は木材のヘミセルロースが,後者リグニンが,それぞれ一部分解して生じたものである。これらは以前,単離され純粋な化学薬品として使われたこともあるが,今は合成品にとって代わられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

木材を乾留すると得られる黒褐色,刺激臭のある液体.酢酸,メタノールをはじめ,低級の各種脂肪酸類,アルコール類,エステル類,アルデヒド類,ケトン類などを含有する.木材乾留工業によりメタノール,酢酸などの製造が行われたことがあったが,現在ではこれらの物質の工業的製造は,すべて合成法にかわっている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の木酢液の言及

【乾留】より

…またコークス製造装置をコークス炉と呼ぶ。
[木材の乾留]
 木材を乾留すると,ガス,木酢液,および木炭が得られる。木材の乾留は現在もいわゆる炭焼きとして小規模に行われているが,昔は工業的に大規模に行われた。…

※「木酢液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android