コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村秀政 きむらひでまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村秀政
きむらひでまさ

[生]1904.4.13. 北海道,札幌
[没]1986.10.10. 東京,千代田
航空工学者。東京帝国大学航空学科卒業 (1927) 。東京大学航空研究所に入り,長距離機の設計責任者となる。この航研長距離機は 1938年に世界記録をつくった。第2次世界大戦後の 1945年東京大学教授,1947年からは日本大学教授。日本航空機製造 YS-11中型旅客機の設計に関与,同機は 1962年初飛行に成功した。『飛行機の本』『世界の航空技術』など著作も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きむら‐ひでまさ【木村秀政】

[1904~1986]航空機設計者。青森の生まれ。昭和13年(1938)設計の航研機が1万1600キロの長距離飛行世界記録を樹立。第二次大戦後、初の国産旅客機YS11を開発。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村秀政 きむら-ひでまさ

1904-1986 昭和時代の航空工学者。
明治37年4月13日生まれ。母校東京帝大の航空研究所にはいり,和田小六(ころく)所長の指導下で航研機の設計にくわわる。昭和20年教授。22年日大教授となり,理事,副総長をつとめる。初の国産旅客機YS-11の開発を指揮した。昭和61年10月10日死去。82歳。青森県出身。著作に「飛行機の本」「わがヒコーキ人生」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村秀政の関連キーワード日本航空機製造模型飛行機昭和時代木村飛ぶ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android