コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木江[町] きのえ

百科事典マイペディアの解説

木江[町]【きのえ】

広島県豊田郡,大崎上島の南東部の旧町。天然の良港をもつ中心の木江は古くから瀬戸内海航路の要津として栄えた。造船と海岸傾斜地でのミカン栽培が盛ん。2003年4月,大崎町,東野町と合併して大崎上島町となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きのえ【木江[町]】

広島県豊田郡の町。人口3112(1995)。大崎上島の南東部にあり,南は大崎下島,愛媛県岡村島,小大下島,大下島,東は愛媛県大三島に相対する。背後には神峰山(453m)を最高峰とする300m前後の山地が東西に連なり,大崎町東野町の境界をなしている。中心地木江は天然の良港で,古くから瀬戸内海の要港として栄え,明治以降は機帆船の重要な寄港地となり,船員たちの歓楽地ともなった。現在は大崎上島全体の玄関口で,竹原市や今治市とはフェリーや高速船で結ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の木江[町]の言及

【大崎上島】より

…小湾の奥に平地があり,島嶼(とうしよ)部としては干拓地が多い。豊田郡に属し,島の北西に大崎町,北部に東野(ひがしの)町,南側には木江(きのえ)町がある。3町の産業はミカンを共通に,大崎の農業,東野の造船と精錬(同町契島の東邦亜鉛),木江の造船が特色で,木江はかつて機帆船の寄港地として知られた。…

【瀬戸内海】より

… 瀬戸内海では17世紀半ばに西廻海運が整えられるまでは,山陽沿岸を通る地乗り航路が中心で,物資の交易,潮待ち,風待ちのため下関,尾道,鞆(とも),笠岡,下津井,牛窓などの港町が栄えた。それ以降は島嶼部を縫う沖乗り航路が主となり,木江(きのえ)(大崎上島),御手洗(みたらい)(大崎下島),鹿老渡(かろうと)(倉橋島)などの港町が発達した。明治以降は鉄道の発達によって沿岸航路が廃止されたところもあり,大型の汽船が普及してからは小規模な港町の多くは衰退した。…

※「木江[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木江[町]の関連キーワード広島県豊田郡大崎上島町

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android