コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多庸一 ほんだよういつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本多庸一
ほんだよういつ

[生]嘉永1 (1848).12.13. 陸奥,弘前
[没]1912.3.26. 長崎
明治期のキリスト者,教育者。津軽藩士の子に生まれ,藩校で漢学と兵法を学んだが,のち藩命によって横浜で宣教師ジェームズ・H.バラに英学を学んだ。その感化により明治5(1872)年受洗,翌 1873年旧藩校東奥義塾の校長に就任し,子弟の教育にあたった。一時地方政界に入り,1882年青森県議会議長となったが辞任し,1887年東京英和学校(→青山学院大学)校主兼教授となる。翌 1888年渡米して神学を学び,帰国後の 1890年に東京英和学校校長に就任,同校の基礎をつくった。1907年日本メソジスト教会初代監督となり,プロテスタント教会の代表者として活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多庸一 ほんだ-よういつ

1849*-1912 明治時代の宗教家,教育者。
嘉永(かえい)元年12月13日生まれ。横浜に遊学中,キリスト教に入信。明治7年郷里の青森県弘前(ひろさき)にかえって東奥義塾塾長となり,弘前公会を創立。民権運動にたずさわり,青森県会議員に当選,同議長をつとめたあと教育と伝道に専念。アメリカ留学後,青山学院院長などを歴任し,日本メソジスト教会初代監督となった。明治45年3月26日死去。65歳。幼名は徳蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本多庸一

没年:明治45.3.26(1912)
生年:嘉永1.12.13(1849.1.7)
幕末明治期のキリスト教界の指導者で日本メソヂスト教会初代監督,教育者。津軽藩士本多久元,とも子の長男。陸奥国(青森県)弘前生まれ。幼名徳蔵。慶応1(1865)年藩校稽古館司監。明治3(1870)年に漢訳聖書の創世記を一部読む。同年藩命で横浜に留学,英語を学ぶためJ.H.バラの塾に入り,キリスト教と出会う。同5年に再び自費で横浜遊学,バラより受洗,日本基督公会に参加し,神奈川県をはじめ,房総地方に伝道。同7年に帰郷,稽古館の後身東奥義塾塾頭となり,J.イングと共に伝道,翌年弘前公会を設立。共同会を結成して自由民権運動に参加,国会開設を請願する。同15年青森県議会議員に当選,議長として活躍。東京―青森間鉄道敷設問題で上京奔走する。同19年に議員を辞し,仙台教会(仙台五橋教会)牧師として赴任。翌年東京英和学校(青山学院の前身)校主兼教授および青山美以教会牧師に就任する。同21年に渡米,列車事故をまぬかれたのを契機に伝道・教育に専心する決意をかため,ドゥルー神学校に学ぶ。同23年東京英和学校校長に就任,以後17年間学校経営に当たる。その間,同25年の「教育と宗教の衝突」や同32年の宗教教育を禁止する文部省訓令第12号反対運動の指導者として活躍するとともに,日清,日露戦争では戦地慰問団を組織するなど,戦争協力に励んだ。同40年メソヂスト3派合同がなり初代監督となる。同45年の神仏基三教会同ではキリスト教の代表者として活躍。「尊皇愛国」の志をもってキリスト教を日本に根づかすべく尽力した。<著作>高木壬太郎編『本多庸一先生遺稿』<参考文献>岡田哲蔵『本多庸一伝』,青山学院編『本多庸一』

(大濱徹也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんだよういつ【本多庸一】

1848‐1912(嘉永1‐大正1)
牧師,教育家。津軽藩士で明治維新の激変で苦境に立ち,洋学の習得のため横浜に赴き,横浜バンドの一人となる。メソディスト監督教会宣教師イングJohn Ingと弘前に帰り,1874年東奥義塾塾頭に就任,翌年弘前公会を設立し,メソディストに転じる。青森自由民権運動を指導し,80年国会開設建言書を提出,82年より県会議員となる。86年仙台美以,ついで青山美以教会牧師,東京英和学校教授,アメリカ留学後,90年より同校校長,その改称たる青山学院院長を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本多庸一
ほんだよういつ
(1848―1912)

プロテスタント、日本メソジスト教会の初代監督。弘前(ひろさき)に生まれ、横浜ブラウン塾にて入信し、1872年(明治5)受洗した。東北に赴任し、伝道する。東奥義塾を再興し、76年弘前公会を設立した。政治家としても青森県会議長として活躍。メソジスト教会に転じてからは、仙台教会牧師、東京英和学校(後の青山学院大学)校長などを歴任、のち青山学院長となった。1912年(明治45)初めてキリスト教を神道、仏教と対等視した三教会同にはキリスト教代表者の1人として出席した。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

本多庸一の関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン