コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠籌 ほんだただかず

5件 の用語解説(本多忠籌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本多忠籌
ほんだただかず

[生]元文4(1739).江戸
[没]文化9(1812).12.15.
江戸時代中期の和泉藩主。忠如 (ただゆき) の子。母は松浦肥前守篤信の娘。幼名は雄之助。宝暦4 (1754) 年襲封。藩政の改革に力を尽し,間引の禁止,小児養育料の給付,移住者の受入れなどにより人口増加をはかり,用水工事に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠籌 ほんだ-ただかず

1740*-1813* 江戸時代中期-後期の大名。
元文4年12月8日生まれ。本多忠如(ただゆき)の長男。宝暦4年陸奥(むつ)泉藩(福島県)藩主本多家2代となり,藩財政の再建に力をそそいだ。松平定信に抜擢され若年寄,側用人(そばようにん)をへて老中格となり,定信の寛政の改革に補佐役として尽力。文化9年12月15日死去。74歳。通称は雄之進,大蔵。号は水翁。
【格言など】好む物が成就の種にて候(長男忠雄への教訓)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本多忠籌

没年:文化9.12.15(1813.1.17)
生年:元文4.12.8(1740.1.6)
江戸後期の老中格。父は忠如,母は松浦篤信の娘。宝暦4(1754)年8月,陸奥国泉藩(福島県いわき市)藩主に就任。以後藩財政の立て直しに尽力し,その施政は高く評価される。寛政改革を遂行した老中松平定信も,著書『宇下人言』で忠籌に最大級の賛辞を贈る。天明7(1787)年7月勝手掛若年寄に抜擢され,以後定信の右腕として政策遂行に深く関与。同8年5月側用人,寛政2(1790)年4月老中格にと異数の昇進を遂げる。しかし,蝦夷地問題などの諸政策で定信と対立することも多く,同5年7月の定信失脚には中心的役割を果たす。10年10月老中辞任。寛政期の幕政に重要な役割を果たした人物である。<参考文献>竹内誠「老中松平定信の解任事情」(『東京学芸大学紀要第3部門』第35集),『いわき市史』6巻

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんだただかず【本多忠籌】

1739‐1812(元文4‐文化9)
江戸中期の老中。陸奥泉藩藩主。江戸に生まれ,1754年(宝暦4)父忠如(ただゆき)の後を継ぎ1万5000石を領し,当時悪化しつつあった藩財政の立直しに努力した。87年(天明7)若年寄,89年(寛政1)側用人,90年老中格となり5000石の加増をうけた。この間寛政改革を主導した松平定信の補佐役として活躍。93年定信が失脚した後も〈寛政の遺老〉の一人として改革路線を継承,98年病気を理由に辞職するまで幕政に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本多忠籌
ほんだただかず
(1739―1812)

江戸後期の大名、老中格、弾正大弼(だんじょうのだいひつ)。陸奥(むつ)国(福島県)泉(いずみ)藩主(1万5000石)。元文(げんぶん)4年に生まれる。1754年(宝暦4)封を継ぎ、藩治に力を尽くすなかで、松平定信(さだのぶ)の年長の友として日ごろ交友を深め、定信の幕閣入りに伴って87年(天明7)7月勝手掛若年寄、88年5月側用人(そばようにん)、90年(寛政2)4月老中格、2万石、城主格、93年12月侍従に任じられ、定信の寛政(かんせい)の改革にあたりその施政を助けた。定信退陣後も幕閣に残って改革を継承したが、98年10月病により辞職。藩主としても積極的に領内の政治に力を注ぎ、間引きの禁止、小児の養育、人口の増加、郷蔵(ごうぐら)の設置、民生の安定などに努め、領民から徳を慕われて生祠(せいし)を建てられた。文化(ぶんか)9年12月20日卒。[山田忠雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本多忠籌の関連キーワード六条有栄老中格久昌夫人松浦篤所松浦篤信松浦有信松浦致松浦誠信松浦良水野忠友

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone