コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庄繁 ほんじょうしげる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本庄繁
ほんじょうしげる

[生]1876.5.10. 兵庫
[没]1945.11.20. 東京
陸軍軍人。 1897年陸軍士官学校卒業。 1904年歩兵第 20連隊中隊長 (大尉) として,日露戦争出征して戦傷。 07年陸軍大学校卒業,参謀本部員として中国関係を担当,中国通として,日本軍のシベリア,満州,華北方面への進出と作戦の指導にあたった。 19年歩兵第 11連隊長 (大佐) としてシベリアに出征。 21年張作霖軍事顧問,31年関東軍司令官 (中将) に就任。同年満州事変に突入。その後軍事参議官,侍従武官長を歴任後,33年大将,35年男爵。予備役 (1936) 後,傷兵保護院総裁,枢密顧問官などをつとめた。第2次世界大戦後自決。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんじょう‐しげる〔ホンジヤウ‐〕【本庄繁】

[1876~1945]陸軍軍人。兵庫の生まれ。大将、男爵。関東軍司令官、侍従武官長、枢密顧問官。満州事変勃発時の関東軍司令官で、満州国の建国にも関与した。敗戦後に自決。遺稿に「本庄日記」がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄繁 ほんじょう-しげる

1876-1945 明治-昭和時代前期の軍人。
明治9年5月10日生まれ。大正10年張作霖(ちょう-さくりん)の軍事顧問。昭和6年関東軍司令官となり,満州事変で指揮をとる。軍事参議官をへて,8年侍従武官長。陸軍大将。敗戦後の昭和20年11月20日自決した。70歳。兵庫県出身。陸軍大学校卒。遺稿に「本庄日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんじょうしげる【本庄繁】

1876~1945) 陸軍軍人。柳条湖事件当時の関東軍司令官。のち軍事参議官・侍従武官長を歴任。敗戦後自決。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本庄繁
ほんじょうしげる
(1876―1945)

大正・昭和期の陸軍軍人。明治9年5月10日兵庫県生まれ。陸軍士官学校9期、陸軍大学校19期卒業。日露戦争には中隊長として参加、負傷。陸軍大学校教官、参謀本部支那(しな)課長などを経たのち、シベリア出兵に参加。1921~1924年(大正10~13)張作霖(ちょうさくりん)軍事顧問。1931年(昭和6)8月関東軍司令官となり、石原莞爾(いしわらかんじ)ら参謀の柳条湖(りゅうじょうこ)事件以後の軍事行動拡大を承認、錦州(きんしゅう)作戦などを指揮する一方、奉天(ほうてん)親日政権樹立工作や満蒙(まんもう)独立工作を積極的に行った(「満蒙共和国統治大綱案」「満蒙自由国家成立案大綱」を作成)。1932年8月軍事参議官を経て、1933年侍従武官長、大将。二・二六事件後の「粛軍人事」で予備役に編入される。1938年傷兵保護院(1939年軍事保護院と改称)総裁、1945年5月枢密顧問官。敗戦後昭和20年11月20日自決した。[山田 朗]
『『本庄日記』(1967・原書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

本庄繁の関連キーワード最上義光(もがみよしあき)山口 一太郎満州国協和会板垣征四郎真崎甚三郎12月4日山口一太郎朝日山城観音寺城武藤義興武藤義勝村上城福島城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本庄繁の関連情報