コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本町通り ホンマチドオリ

デジタル大辞泉の解説

ほんまち‐どおり〔‐どほり〕【本町通り】

大阪市内を東西に走る道路の呼び名。中央大通り北側を通る。

ほんちょうどおり〔ホンチヤウどほり〕【本町通り】

《原題Main Streetルイス長編小説。1920年刊。米国中部の田舎町の退嬰(たいえい)的な生活を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうどおり【本町通り Main Street】

アメリカの小説家シンクレア・ルイス出世作。1920年出版。作者の故郷をモデルにした中西部の田舎町の因襲が戯画的に描かれている。中心人物は,平凡な町医者と結婚したよそ者のインテリ女性キャロル。住民の中で彼女の理解者は学校の女教師など数名にすぎず,彼らを足がかりに町の改革に乗り出したものの,すぐに挫折する。女教師も結婚するとたちまち平凡な主婦になってしまう。町の教化のために計画した素人芝居もみごとに失敗するし,年下の美青年との恋愛遊戯も夫に軽くたしなめられて幕となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本町通り
ほんちょうどおり
Main Street

アメリカの作家、H・S・ルイスの長編小説。1920年刊。大学出のインテリ女性キャロルは、アメリカ中西部の架空の田舎(いなか)町ゴーファー・プレアリィの町医者ケニコットの妻となり、町の文化改革に乗り出し、芝居の上演などを試みる。住民の視野の狭さと独善ぶりを批判する彼女は、逆に軽佻浮薄(けいちょうふはく)な都会ぶりを住民たちから批判される。一時、夫と別居して町を離れるが、改革者に徹することもできず、結局、夫と和解して田舎町の生活に甘んじる。この作品は、都会生活の経験から作者の郷里に対する反発と愛着こもごもの心情が創作のエネルギーとなっており、当時のアメリカ人が反省を迫られたアメリカ文化の立ち後れを揶揄(やゆ)する問題作として、アメリカ文学史上、類をみないほどの反響を呼び起こした。[齊藤忠利]
『齊藤忠利訳『本町通り』全3冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本町通りの言及

【ルイス】より

…これは作者の屈折した性格の一面である劣等感が,主人公のゆがんだ小市民性に表現された佳作である。彼の全盛時代は《本町通り》(1920)から《ドッズワース》(1929)までの10年であり,代表作はすべてこの時期に書かれ,いずれもベストセラーになった。そしてベストセラー作家というレッテルが彼に劣等感を与えた。…

※「本町通り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本町通りの関連キーワードルイス(Harry Sinclair Lewis)ハリー・S. ルイスシンクレア ルイス西馬音内盆踊り恵那(市)竹原(市)村上(市)プレグラン十条通り桜木町街路灯中野区関内飫肥今里古町両津

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本町通りの関連情報