コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李振平 り しんぺい

1件 の用語解説(李振平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李振平 り-しんぺい

1921-1995 中国の兵士。
1921年7月15日生まれ。八路軍にはいり,昭和16年日本軍の捕虜となる。19年日本に連行され,秋田県花岡鉱山で強制労働にしたがう。苛酷な処遇に抗して20年6月30日約800人の中国人労働者が蜂起した花岡事件にくわわる。捕らえられ秋田刑務所に入獄。戦後も日本にのこり,極東軍事裁判の証人となった。平成7年8月2日札幌で死去。75歳。河北省出身。
【格言など】戦争は,国も人もみな不幸にする。若者たちによく教えなくては(遺された言葉)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

李振平の関連キーワード軽卒胡兵散兵千乗敵兵番士万卒陸兵徒歩軍ルイ聖王の十万の兵士

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone