コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野竹喬 おの ちっきょう

美術人名辞典の解説

小野竹喬

日本画家。岡山県生。名は英吉。竹内栖鳳の門に学ぶ。大正7年土田麦僊らと国画創作協会を創立。帝展新文展で活躍し、戦後は日展で重きを成す。一貫して日本の自然に取り組み清澄な透明感の中に豊かな詩情と独特の滋味のある画風で、風景画の分野に確固とした新視覚を示し続けた。京都絵専教授。芸術院会員文化功労者。文化勲章受章。昭和54年(1979)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小野竹喬【おのちくきょう】

日本画家。本名英吉。岡山県生れ。1903年竹内栖鳳に師事,1911年京都絵画専門学校卒。初め文展に出品していたが,1918年土田麦僊らと国画創作協会を創立し,同会に出品。1928年同会解散後は官展に復帰した。穏やかな色彩と精密な描写で新しい風景画を開拓。1976年文化勲章。岡山県に笠岡市立竹喬美術館がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野竹喬 おの-ちっきょう

1889-1979 大正-昭和時代の日本画家。
明治22年11月20日生まれ。竹内栖鳳(せいほう)に師事。大正5年文展で「島二作」が特選となる。7年土田麦僊(ばくせん)らと国画創作協会を結成。のち官展に復帰。昭和22年京都市立美専教授。51年文化勲章。昭和54年5月10日死去。89歳。岡山県出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は英吉。作品に「冬日(とうじつ)帖」「奥の細道句抄絵」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのちくきょう【小野竹喬】

1889~1979) 日本画家。岡山県生まれ。本名英吉。竹内栖鳳に師事。土田麦僊ばくせんらと国画創作協会を結成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野竹喬
おのちくきょう

[生]1889.11.20. 岡山,笠岡
[没]1979.5.10. 京都
日本画家。本名は英吉。号は竹橋のち竹喬。 1903年京都に出て竹内栖鳳に師事,07年文展初入選。 09年京都市立絵画専門学校別科に入学。 16年第 10回文展で『島二作』が特選。その間黒猫会,仮面会の一員として,西欧近代絵画にも関心を寄せた。 18年村上華岳,土田麦僊らと国画創作協会を創立して文展から離れ,21年から翌年まで麦僊らと渡欧。 28年同会解散後は官展に復帰し,以後新文展,日展で活躍。温和で詩情豊かな風景画家として知られる。 47年日本芸術院会員,68年文化功労者,76年文化勲章受章。 79年には笠岡市に市立竹喬美術館が設立された。主要作品『冬日帖』 (1928,京都市立美術館) ,『残照』 (62,国立劇場) ,『池』 (67,東京国立近代美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野竹喬
おのちくきょう
(1889―1979)

日本画家。本名英吉。岡山県笠岡(かさおか)に生まれる。竹内栖鳳(せいほう)に師事、京都市立絵画専門学校に学ぶ。1907年(明治40)第1回文展に入選して以来出品を続け、16年(大正5)『島二作』が特選となり注目された。18年土田麦僊(ばくせん)らと国画創作協会を結成。21年から翌年にかけてのヨーロッパ旅行後は、むしろ伝統に心を傾けるようになった。28年(昭和3)国画創作協会解散後は麦僊とともに官展に戻った。47年(昭和22)帝国芸術院会員、76年文化勲章受章。代表作に『冬日帖』など。[原田 実]
『『冬日帖』(1979・求龍堂) ▽『現代日本画全集3 小野竹喬』(1981・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小野竹喬の関連キーワードフジヤマミュージアム村上華岳・村上華嶽京都国立近代美術館野長瀬 晩花秦 テルヲ榊原 紫峰土田 麦僊小野 竹喬加納美術館池田遥邨昭和時代池田遙邨浜田昇児榊原紫峰国画会小野

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android