コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百姓代 ひゃくしょうだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百姓代
ひゃくしょうだい

江戸時代の村役人名主 (なぬし) ,組頭と合せて村方三役と呼ばれた。百姓を代表し,村入用,負担の割付けなどに立会い,名主,組頭などの村政運営を監視した。古くは長百姓 (おとなびゃくしょう) など自然発生的なものであったが,江戸時代中期以降百姓代として制度化されたものと思われる。1村1人を通例としたが,大村は2~3人おいた場合もある。無給を原則とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひゃくしょう‐だい〔ヒヤクシヤウ‐〕【百姓代】

江戸時代、地方(じかた)三役の一。中期以降に登場し、村民代表として名主(なぬし)組頭による村政運営を監視する立場にあった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

百姓代【ひゃくしょうだい】

江戸時代の村役人庄屋肝煎・名主)・組頭(年寄・長百姓など)とともに村方三役人の一つで,地域により村目付・横目などとも称する。その成立は庄屋などからかなり遅れ,名主の留任問題や村方騒動などを契機に設置する例があり,江戸時代中期以降に一般化したとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくしょうだい【百姓代】

近世の村役人。村方三役の一つ。村目付,横目などといったところもある。村方三役の一つである名主(庄屋,肝煎)は近世の村体制成立とともに置かれ,名主を補佐する組頭もそれとほぼ同時期に設置されたが,百姓代の成立はそれらよりかなり遅く,中期以降一般化した。百姓代は,村の百姓を代表して名主・組頭の職務執行を監視するものとされ,名主・組頭による年貢・村入用(むらにゆうよう)の割当て不正をめぐる村方騒動などを契機に成立したものが少なくないようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくしょうだい【百姓代】

江戸時代、村役人の一。百姓の代表者として村政を監視した。名主・組頭とともに村方三役という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百姓代
ひゃくしょうだい

江戸時代、村役人の一つ。名主(なぬし)(庄屋(しょうや))、組頭(くみがしら)(年寄(としより)、長百姓(おとなびゃくしょう))とともに村方(むらかた)(地方(じかた))三役の一つであるが、百姓代表として名主、組頭の村政を監視する役割ももった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の百姓代の言及

【村方三役】より

…近世の村役人。名主(庄屋,肝煎(きもいり)),組頭(長(おとな)百姓,年寄),百姓代の総称。(1)名主・庄屋は村の長で,初期には前代の名主百姓や荘園の下司(げし)の系譜を引く有力農民がその地位についた。…

※「百姓代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百姓代の関連キーワード士・農工商・穢多非人名主(江戸時代)中村 舜次郎下佐谷村助六大西豊五郎村(村落)吉植 庄亮間宮新五郎水越兵助地方三役石田春律長瀬富郎郷村制代表者森蘭斎大庄屋三役

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android