コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村方騒動 むらかたそうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村方騒動
むらかたそうどう

村方一件,村方出入小前騒動ともいう。江戸時代中期以降,農民層分解の進展に伴う農村構造や秩序の変質,転換につれて多くみられる一種の村政改革運動。 650件以上が報告されている。百姓一揆が,直接的に封建権力と対抗関係をもつのに対し,村方騒動は一般農民すなわち小前百姓 (→小前 ) が村役人層の非違,不正をあばいてそれを領主に訴えるところに特徴がある。はなやかではないが,農民が身近な生活の場で,地味な要求を掲げ,しかもその目的を達した場合が多い。具体的には (1) 年貢,諸役に関するもの,(2) 村政運営に関するもの,(3) 質地,小作に関するもの,(4) その他村落生活一般,農業経営に関するものなどで,(1) は年貢の割付け,納入,立替えに関するものが圧倒的で,村役人に与えられた種々の免租の特典の廃止を要求するもの,(2) は村入用の負担に関する不正,不公平,(3) は小作料引下げ,小作地取上げ反対といった小作騒動,(4) は用水入会利用の公平,あるいは宮座など村落内の特権的社会関係の打破を要求するものが多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むらかた‐そうどう〔‐サウドウ〕【村方騒動】

江戸中期から後期にかけて各地で頻発した農民の村政改革運動。村役人による年貢勘定の不正や、地位を利用した私欲などを糾弾し、領主に訴え出るなどした。小前(こまえ)騒動。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

村方騒動【むらかたそうどう】

村方出入,小前騒動とも。江戸時代の村落内部の対立,闘争。村役人の年貢・諸役・村入り用の不正流用,入会(いりあい)・用水利用の不公正などを摘発し領主に訴えたり名主の交代を迫った。
→関連項目百姓代本百姓

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらかたそうどう【村方騒動】

江戸時代の村落内部の対立,闘争。村方出入(でいり),小前(こまえ)騒動ともいう。江戸時代の村落は,前後の時代と比べると小農の比率が高く,比較的に均一な印象を与えるが,実際には上下の階層差が小さくなかった。村落の成員はほとんど百姓身分の農民だったが,初期には百姓以下の名子(なご),前地(まえち),被官(ひかん)などと呼ばれる隷属身分の下層農民がかなり存在した。また百姓身分であっても,家格によって家宅の構造や衣類の種類や婚姻,葬儀の形式などの区別が強いられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むらかたそうどう【村方騒動】

江戸中期以降の村落内部に頻発した農民運動。村役人など、有力者と一般百姓との間に利害の不一致が生じ、年貢・諸役の不正や用水・入会いりあいの不公平利用などを、領主へ訴え出て村政を改革しようとした。小前こまえ騒動。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村方騒動
むらかたそうどう

江戸時代の村役人に対する小前(こまえ)百姓たちの不正糾弾(きっうだん)闘争。小前騒動、村方出入(でいり)ともよぶ。村請制(むらうけせい)下の近世村落では、村役人に広範な徴租・統治機能が付与されており、村役人が不正を働かしうる余地が存在したので、小前百姓らがその不正を摘発し、糾弾する村方騒動が多数発生した。青木虹二(こうじ)編『百姓一揆(いっき)総合年表』には、全国各地で3000余件の事件が確認されているが、実際にはさらに多数の事件が存在したものと推定される。小前百姓たちの要求は、年貢・村入用の勘定不正をはじめとして、普請(ふしん)・助郷役(すけごうやく)などの人足割付(にんそくわりつけ)、田畑の横領、入会地(いりあいち)などの不正使用、家格問題、小作年貢問題などの村人の生活上多岐にわたって展開し、村役人の退役を求め、跡役の入札(いれふだ)(選挙)制などを要求することもある。通常の騒動は、小前が訴願し、村役人の返答書が作成され、役所での吟味は受けるが、周辺村落の村役人や寺院などが扱人となり、内済(ないさい)が成立して解決するものが多いが、後期に至ると幕府や藩に越訴(おっそ)するものや、打毀(うちこわし)へ発展するものもみられる。初期の騒動は、土豪の系譜を引く村役人の諸特権に対して展開し、寛文(かんぶん)期(1661~73)ころから年貢・諸役の面割(めんわり)から高割(たかわり)への変化要求が顕著にみられる。中期以降は、発生件数が著しく増加するとともに、質地関係の進展に伴い小作騒動的要素が強まってくる。[保坂 智]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の村方騒動の言及

【豪農】より

…社会的には,村落共同体の代表者として共同体的規制関係の頂点にあるとともに,村役人として農民支配の末端機構に組み込まれて階級的強制関係の先端に位置づけられていた。これらの豪農には,それまでの名田地主・作徳地主が転化したものと,商業活動や商品生産によって成長してきたものとの二つの系譜があり,後者は多くの場合,村方騒動によって村方地主としての地位を獲得していった。この村方騒動は中期村方騒動と呼ばれ,18世紀半ばころに各地に起こった。…

※「村方騒動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村方騒動の関連キーワード土平治騒動寺沢元三郎佐藤土平治保津村清蔵農民運動三浦命助村請制有力者篠山藩不一致利害義民

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android