コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東与賀 ひがしよか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東与賀
ひがしよか

佐賀県東部,佐賀市南部の旧町域。佐賀平野の南部にあり,有明海に臨む。 1966年町制。 2007年佐賀市に編入。ほぼ全域が中世以降の干拓地米作,ノリの養殖が行なわれる。海岸に国指定天然記念物のカササギ生息地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東与賀
ひがしよか

佐賀県南東部、佐賀郡にあった旧町名(東与賀町(ちょう))。現在は佐賀市の南部を占める地域。有明(ありあけ)海に臨む。旧東与賀町は、1966年(昭和41)町制施行。2007年(平成19)川副(かわそえ)、久保田の2町とともに佐賀市に編入。与賀の名は中世の与賀荘(しょう)、近世の与賀下郷(しもごう)にちなむ。干潟の自然陸化と干拓による、山のない標高3メートル程度の低平な地域である。中央を東西に横断する国道444号付近が戦国時代末期の海岸線とされ、その後の干拓地が南に広がる。大明神搦(だいみょうじんがらみ)、勘兵衛搦、新村搦、嘉永(かえい)搦など江戸期の小規模干拓が鱗(うろこ)状に形成され、明治以降には授産社(じゅさんしゃ)搦、大(おお)搦、とくに昭和に入り大授(だいじゅ)搦などの大規模干拓が造成された。中心の米作とノリ養殖のほか、イチゴなどの施設園芸や酪農などがみられる。縦横に堀(クリーク)が走る農村景観も圃場(ほじょう)整備で変容し、くど造(づくり)、漏斗谷(じょうごだに)造などの独特の民家も珍しいものとなった。堀干しでとれたフナの昆布(こぶ)巻きは、かつては秋祭の伝統的な御馳走(ごちそう)であった。東与賀海岸はシチメンソウの群生地として知られる。[川崎 茂]
『『東与賀町史』(1982・東与賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東与賀の関連キーワード久保田(佐賀県)久保田[町]佐賀県佐賀市佐賀(市)川副[町]東よか干潟川副

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東与賀の関連情報