コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京宝塚劇場 とうきょうたからづかげきじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京宝塚劇場
とうきょうたからづかげきじょう

東京都千代田区有楽町にある劇場。 1932年小林一三が宝塚少女歌劇の東京公演の場として建設,34年に開場した。間口 24m,奥行 14mのレビュー用舞台をもち,客席は3層,2477席。この劇場建設を機に株式会社東京宝塚劇場が設立され,のちの東宝となった。第2次世界大戦では焼失を免れ,戦後は「アーニー・パイル劇場」の名称で占領軍に使用された。 53年東宝に返され,以後,長谷川一夫の東宝歌舞伎の本拠地として,また大衆演劇やミュージカルの劇場として知られる。 63年には日本初のブロードウェー・ミュージカル『マイ・フェア・レディ』が上演された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宝塚用語辞典の解説

東京宝塚劇場

旧劇場は1934年1月開場、戦時中の1944年3月に閉鎖。戦後は連合軍に接収され「アーニー・パイル劇場」と呼ばれたが、1955年に接収解除され公演再開。
1997年までは年7ヶ月7公演を行なっていた。1997年12月に建替えのため閉場。
2001年1月1日、2069席の新・東京宝塚劇場として再オープン

出典 宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」宝塚用語辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

東京宝塚劇場

東京都千代田区にある劇場。2001年開館。座席数は約2100席。宝塚歌劇団の公演が行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京宝塚劇場
とうきょうたからづかげきじょう

劇場名。東京・有楽町にあり、1934年(昭和9)1月開場。当時の客席数2500。宝塚少女歌劇の創設者小林一三(いちぞう)が宝塚少女歌劇の東京進出のため建設した。グランドレビュー『花詩集』などでオープン、宝塚だけでなく東宝演劇の中心的劇場として東宝劇団、ロッパ一座など多彩な公演の場となった。45年(昭和20)進駐軍によって接収され、アーニーパイル劇場の名称のもと米軍専用劇場となったが、55年1月接収解除、4月劇場名を旧に戻し再開場。以来、東宝歌舞伎(かぶき)、ミュージカル、宝塚歌劇などを上演した。
 しかし設備の老朽化と東宝の日比谷(ひびや)再開発計画によって1997年(平成9)12月で劇場を閉鎖、新劇場の建設を始めた。その間宝塚歌劇は帝国劇場、さらにJR有楽町駅前に仮設された「TAKARAZUKA 1000days劇場」(98年5月開場、客席数2000)で99年12月13日まで公演を続けた。新劇場は旧劇場の敷地の跡に建設された地上19階、地下4階の高層ビルの1階から6階までを占め、客席は3、4階で2069席。2001年の元旦に月組公演でオープンした。新劇場は宝塚歌劇専用劇場として運営されている。[水落 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東京宝塚劇場の言及

【劇場】より


[劇場の多様化]
 震災後に,復興または新しく建設されたおもな劇場は,24年に本郷座・演伎座・松竹座・市村座・帝国劇場・邦楽座に前記の築地小劇場,25年の歌舞伎座とつづく。25年に新たに新橋演舞場,30年に大阪四ッ橋の文楽座や東京劇場,32年に大阪歌舞伎座,33年に有楽町の日本劇場,34年に東京宝塚劇場,35年に有楽座,37年に浅草の国際劇場などが次々に竣工した。大正から昭和へかけて,歌舞伎・新派・新国劇・歌劇・バレエ・新劇・文楽や舞踊などが,上記の劇場はもとより巡業先の各地の劇場やホールで,撩乱たる多様化と繁栄の時代を迎えたのである。…

【東宝[株]】より

…宝塚少女歌劇の東京公演のために,小林一三が1932年8月設立。34年東京宝塚劇場を開場した。続いて翌年には有楽座を完工し,やがて日本劇場,帝国劇場をも傘下に加えて,アミューズメント・センターと呼称し,従来松竹がほぼ独占した形であった商業演劇の世界に進出し,ついには興行界を松竹と二分するまでに至った。…

※「東京宝塚劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東京宝塚劇場の関連キーワード愛のソナタ リヒャルト・シュトラウス/フーゴー・フォン・ホフマンスタール作:オペラ「ばらの騎士」よりTAKARAZUKA1000days劇場恋こそ我がいのち 「赤と黒」より日劇ダンシングチーム東京都千代田区有楽町ザッツ・レビューNHK紅白歌合戦東京都千代田区さよならショー松山 英太郎真木 小太郎森野 鍛冶哉オーケストラ東宝[株]諏訪ひろ代暁 テル子和泉佑三子川島 順平東宝(株)菊田一夫

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京宝塚劇場の関連情報