コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東勇作 あずまゆうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東勇作
あずまゆうさく

[生]1910.4.18. 仙台
[没]1971.8.4. 東京
舞踊家。日本バレエ界の草分けの一人。エリアナ・パブロワに師事。 1941年『牧神の午後』『レ・シルフィード』を上演。第2次世界大戦後,日本で初めての『白鳥の湖』全幕公演の主役王子を演じた。門下生松山樹子,松尾明美らがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東勇作 あずま-ゆうさく

1910-1971 昭和時代の舞踊家。
明治43年4月18日生まれ。エリアナ=パブロワに師事する。昭和16年東勇作バレエ団を結成,「レ・シルフィード」「ジゼルの幻想」を上演。戦後,東京バレエ団の結成にくわわり,「白鳥の湖」などをおどる。昭和46年8月4日死去。61歳。宮城県出身。創作に「桜咲く国」「はなかげ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東勇作
あずまゆうさく
(1910―1971)

バレエ・ダンサー、振付師。仙台市生まれ。エリアナ・パブロワに学んだのち、「益田トリオ」の一員として踊り、また日劇を本拠にオリガ・サファイアの相手役を務めた。第二次世界大戦中、ロマンチック・バレエやディアギレフ・バレエの作品を本を頼りに再現。弟子には松山樹子(みきこ)、松尾明美(あけみ)、薄井憲二らがいる。戦後、東京バレエ団の結成に参加、『白鳥の湖』を踊った。ルネサンスのバレエやバス・ダンスの研究なども有名である。代表作に『桜咲く国』『はなかげ』がある。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東勇作の関連キーワードパヴロワ ナジェージダパヴロワ エリアナ小牧正英昭和時代東 勇作薄井憲二舞踊家堀内元市川

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android