コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東勇作 あずまゆうさく

3件 の用語解説(東勇作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東勇作
あずまゆうさく

[生]1910.4.18. 仙台
[没]1971.8.4. 東京
舞踊家。日本バレエ界の草分けの一人。エリアナ・パブロワに師事。 1941年『牧神の午後』『レ・シルフィード』を上演。第2次世界大戦後,日本で初めての『白鳥の湖』全幕公演の主役王子を演じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東勇作 あずま-ゆうさく

1910-1971 昭和時代の舞踊家。
明治43年4月18日生まれ。エリアナ=パブロワに師事する。昭和16年東勇作バレエ団を結成,「レ・シルフィード」「ジゼルの幻想」を上演。戦後,東京バレエ団の結成にくわわり,「白鳥の湖」などをおどる。昭和46年8月4日死去。61歳。宮城県出身。創作に「桜咲く国」「はなかげ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東勇作
あずまゆうさく
(1910―1971)

バレエ・ダンサー、振付師。仙台市生まれ。エリアナ・パブロワに学んだのち、「益田トリオ」の一員として踊り、また日劇を本拠にオリガ・サファイアの相手役を務めた。第二次世界大戦中、ロマンチック・バレエやディアギレフ・バレエの作品を本を頼りに再現。弟子には松山樹子(みきこ)、松尾明美(あけみ)、薄井憲二らがいる。戦後、東京バレエ団の結成に参加、『白鳥の湖』を踊った。ルネサンスのバレエやバス・ダンスの研究なども有名である。代表作に『桜咲く国』『はなかげ』がある。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東勇作の関連キーワード新垣松含石井小浪奥田敏子河上鈴子川田朝子小森敏彭城秀子坂東三津之丞法村康之宮城能造

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone