コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東映[株] とうえい

2件 の用語解説(東映[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

東映[株]【とうえい】

映画会社。1951年東京映画配給・東横映画・大泉映画が合併して設立。当初は片岡千恵蔵市川右太衛門らを中心とした時代劇に重点をおいたが不振,現代劇の今井正《ひめゆりの塔》(1953年)のヒット経営合理化で企業的に安定。
→関連項目石井輝男岡田茂加藤泰小林旭高倉健テレビ朝日ホールディングス[株]深作欣二萬屋錦之介

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうえい【東映[株]】

映画会社。1951年,東横映画,大泉映画,東京映画配給の3社が合併して設立。設立当初は3社の負債をかかえて不振であったが,初代社長大川博(1896‐1971)は,徹底した予算主義による製作方式を導入,片岡千恵蔵市川右太衛門の二大剣劇スターを軸にした時代劇映画で経営を軌道にのせた。不調であった現代劇も,1953年には反戦映画《ひめゆりの塔》(今井正監督)が大ヒットし,54年には2本立て興行を実施して,娯楽時代劇と現代劇,あるいは大作時代劇を組み合わせるなど,観客層の増大に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の東映[株]の言及

【市川右太衛門】より

…第2次世界大戦後の49年,東横映画に転じ,占領軍の規制で時代劇がつくりにくい状態のもと,《難船崎の血闘》などの現代劇,いわゆる〈髷(まげ)をつけない時代劇〉に出演する一方,《お艶殺し》などの時代劇とともにやはり旗本退屈男を演じた。51年,東映設立に片岡千恵蔵とともに重役として参加,以後,時代劇王国・東映の中心スターとなった。むろん東映でも旗本退屈男が当り役で,63年まで演じ続け,さらに舞台,テレビでも演じた。…

【活劇映画】より

…やがて第2次世界大戦の進展とともに,映画興行も制限され,外国活劇のヒットは見られたものの,日本の活劇は,わずかに黒沢明の柔道映画《姿三四郎》(1943),《続・姿三四郎》(1945)を例外として,戦争活劇が主体になっていった。
[戦後の活劇]
 戦後の活劇の隆盛をもたらしたのは新会社,東映で,前身の東横時代から,占領軍による時代劇規制のもと,時代劇スターが現代劇に出演,片岡千恵蔵の《多羅尾伴内》シリーズ(1947‐60)や《にっぽんGメン》(1948),市川右太衛門の《ジルバの鉄》(1950),両者共演の《難船崎の決闘》(1950)などがつくられ,これらの探偵活劇や暗黒街活劇は〈時代劇王国〉東映のもう一つの顔になった。1950年代から60年代にかけて,探偵活劇の流れからは《警視庁物語》シリーズ(1955‐64)や《点と線》(1958),《黄色い風土》(1961)などの犯罪・推理ドラマが生まれ,暗黒街活劇の系譜としては,片岡千恵蔵の《奴の拳銃は地獄だぜ》(1958),鶴田浩二主演《花と嵐とギャング》(1961),《誇り高き挑戦》(1962),高倉健主演《恋と太陽とギャング》(1962),《暴力街》《恐喝》(ともに1963)などがつくられ,小林恒夫,石井輝男,深作欣二らの活劇監督が輩出した。…

【時代劇映画】より

…かくして占領終結の52年には,萩原遼監督《赤穂城》が戦後初の〈忠臣蔵〉としてつくられるなど,時代劇は本格的に蘇生(そせい)し,54年には時代劇の製作本数が飛躍的に増大して,以後数年,未曾有の時代劇ブームとなっていく。
【全盛期からテレビ時代へ】

[日本映画の全盛期]
 時代劇の全盛時代の中心となったのは1951年創立の東映で,《遠山金四郎》シリーズの片岡千恵蔵,《旗本退屈男》シリーズの市川右太衛門,《右門捕物帖》シリーズの大友柳太朗,54年正月から始まった〈東映娯楽版〉シリーズ《笛吹童子》《紅孔雀》の中村錦之助(萬屋錦之介),東千代之介,《若さま侍捕物帳》シリーズの大川橋蔵,それに歌手の美空ひばりを加え,この7大スターの主演作,共演作をとっかえひっかえ世に送り出して,〈時代劇王国〉の名をほしいままにした。それらの大部分は勧善懲悪パターンのチャンバラ活劇であり,かつての松之助映画のよみがえりを見ることもできるし,また,製作の中心が牧野省三の二男・マキノ満男(光雄)であったから,1920年代のマキノ時代劇の流れを引くともいえる。…

【日本映画】より

… 1934年には第一映画社が創立され,京都嵯峨野の千恵プロ撮影所で映画製作を開始したあと,同撮影所の隣に新スタジオを建てた(1935)が,36年に解散し,新設の撮影所は貸しスタジオになり,やがて壊された。 1935年には,極東映画が元東亜キネマの甲陽撮影所で映画製作を始め,大阪古市に白鳥撮影所を設立した(1936)のち,37年,極東キネマとして新発足したが,40年,大宝映画に買収され,同社は41年に映画製作を中止するに至った。
[東宝の設立とトーキーの歩み]
 1930年代には,やがて日活,松竹と並ぶ大会社になる東宝が生まれた。…

【やくざ映画】より

…やくざを主人公にした映画の総称であるが,これが〈時代劇に匹敵する〉ジャンルとみなされるようになったのは1960年代に入ってからのことである。すなわち,〈時代劇の王国〉として栄えてきた東映が,60年代に入って勢いが衰えてきたときに,その路線を現代活劇に転換し,63年の《人生劇場・飛車角》(沢島忠監督)と《暴力街》(小林恒夫監督)と《昭和俠客伝》(石井輝男監督)という3本の〈現代ヤクザ劇〉(東映の大川博社長は当時の談話で〈ヤクザもの〉という表現も使っている)の好評をきっかけに,〈東映任俠映画路線〉を打ち出し(のち70年代に入ってからは《仁義なき戦い》シリーズとともに〈実録路線〉となる),時代劇に代わるプログラム・ピクチャーの主流として多数の観客を動員し,一大ブームになってからのことであった。田中純一郎(《日本映画発達史》)によれば,これらの映画は〈芸術映画〉に対して〈低俗娯楽映画〉の代名詞として〈好色もの〉(緑魔子らが出た非行少女もの,悪女ものや,梅宮辰夫主演の夜もの)と同列に扱われ,また〈ヤクザ賛美映画〉(岩崎昶)と批判され,さらには〈たんなるヤクザの喧嘩にすぎない貧しい内容を俠客の精神みたいなものに近づけて感動をねらおうとしている〉(小川徹),あるいは〈時代劇がその中に悲劇も喜劇もスペクタクルも含む多様な作品の総称であるのに対して,やくざ映画はそのほとんどすべてがおなじひとつのストーリーのバリエーションといっていいものであり,悲劇的な情念や見せ場のつくりかたもほとんど同じパターンのくり返しである〉(佐藤忠男)といったように酷評をされた。…

※「東映[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東映[株]の関連キーワード無声映画ホラー映画記録映画劇映画RKO宝塚映画製作所岡田茂(2)関川秀雄マキノ光雄東宝東和

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone